ブラック・サバスのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ヘヴィ・メタルの先駆け的なバンド

今日はブラック・サバスで一番好きな曲「この1曲」を取り上げます。
ブラック・サバスはイギリス・バーミンガムで結成されたロックバンド。

オリジナル・メンバーと担当楽器は以下の通り。

  • オジー・オズボーン(ヴォーカル)
  • トニー・アイオミ(ギター )
  • ギーザー・バトラー(ベース)
  • ビル・ワード(ドラムス)

結成当初はポルカ・タルク・ブルース・バンドやアースと名乗っていましたが、1969年にホラー映画の「BLACK SABBATH」という作品からとって改名しました。バンド名だけでなく、ホラーやオカルトをテーマにした歌詞、それに合わせたギターのチューニングなどで世界観を演出していました。

1969年11月にフィリップス・レコードと契約し、1970年1月にファースト・シングル「Evil Woman」をリリース。翌月には13日の金曜日にあわせてデビュー・アルバム「Black Sabbath(邦題:黒い安息日)」をリリースします。全英8位、全米23位と成功を収めます。

1970年9月にはセカンド・アルバム「Paranoid」をリリース。全英1位、全米12位とこのアルバムも成功し、シングル「Paranoid」も全英4位を記録します。

その後も1971年「Master of Reality」、1972年「Vol.4」、1973年「Sabbath Bloody Sabbath」、1975年「Sabotage」とヒット作を連発していきます。

オジーは薬物とアルコールを常用しており、1979年に解雇されます。後任には元レインボーのヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが加入。ディオとの2枚のアルバムに続いて、ブラック・サバスは1980年代から1990年代に多くのメンバー・チェンジを経験。その中にはヴォーカリストのイアン・ギラン、グレン・ヒューズ、レイ・ギレン、トニー・マーティン、ドラマーのコージー・パウエルなど錚々たる面々がいました。

1997年にオリジナルのラインナップで再結成し、ライブ・アルバム「Reunion」をリリース。ブラック・サバスの最後のスタジオ・アルバムであり、通算19作目となる2013年の「13」では、ビル・ワードを除くオリジナル・メンバー全員が参加。全英と全米で1位を記録しました。

2016年には最後となるワールドツアー「THE END」を開始。2017年2月4日に地元バーミンガムでファイナルコンサートをおこないました。

ブラック・サバスで一番好きな曲

ブラック・サバスは最初から人に恐怖や不気味さを与えるというコンセプトがはっきりしたバンドだったと思います。メンバーチェンジが多く、好みもいろいろあるでしょうが、私のフェイヴァリットはやっぱり初期。特に、ファースト・アルバム「Black Sabbath」、「Paranoid」、「Sabbath Bloody Sabbath」あたりは聴き込みました。

ブラック・サバスで一番好きな曲「この1曲」は、「Paranoid」、「War Pigs」、「Sabbath, Bloody Sabbath」「A National Acrobat」、「Iron Man」などなど、見事に初期に集まってしまいました。で、やっぱり外せなかったこの曲をセレクト。ファースト・アルバム「Black Sabbath」の1曲目を飾る「Black Sabbath」です。

さすがセルフ・タイトル・トラック。バンドの方向性をこれでもかというほど表している曲ですね。重く、暗いリフが最高。終盤の変調、トニーのソロもカッコいい

BLACK SABBATH – "Black Sabbath" (Official Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました