トム・ロビンソン・バンドのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

70年代にLGBT解放を叫んだパンクバンド

今日はトム・ロビンソン・バンドで一番好きな曲「この1曲」を取り上げます。
トム・ロビンソン・バンドは1976年にイギリス・ロンドンで結成されたロックバンド。

メンバーと担当楽器は以下の通り。

  • トム・ロビンソン(ヴォーカル、ベース)
  • ダニー・カストウ(ギター)
  • マーク・アンブラー(オルガン、ピアノ)
  • ドルフィン・テイラー(ドラムス)

1950年6月1日、ケンブリッジの中流階級の家庭に生まれたトム・ロビンソンは、13歳のときに同級生の男子に恋をし、自分がゲイであることを認識します。当時、イギリスでは男性の同性愛が法的に規制されており、トムは神経衰弱に陥り、16歳の時に睡眠薬自殺を図ります。

学校の先生の紹介で、彼はケント州にある、感情的な問題を抱える10代の若者のためのセラピー・コミュニティ、フィンチデン・マナーに転校します。 トムはここで音楽の道に進むことを決めます。

その後ロンドンに移ったトムはアコースティック・グループのカフェ・ソサエティを結成。セックス・ピストルズに影響を受けたトムはトム・ロビンソン・バンドを結成。

バンドはロンドンのパンク爆発の真っ只中にあったクラブシーンでヒットしました。ゲイであることを隠さず、差別への怒りを歌う彼らのライブは好評を博し、すぐにレコード会社が訪れるようになります。

トム・ロビンソン・バンドはEMIと契約し、1977年10月にはデビュー・シングル「2-4-6-8 Motorway」をリリース。全英シングル・チャートのトップ5に入る成功を収めます。

続いて、1977年11月にロンドンのライセウム・シアターでライヴ録音された4曲入りのEP「Rising Free」をリリース。このEPにはゲイであることを誇る「(Sing if You’re) Glad to Be Gay」が収録されBBCはこの曲を放送禁止にしますが、全英18位を記録するヒットとなります。

1978年5月にはファースト・アルバム「Power in the Darkness」をリリース。全英アルバム・チャートで最高4位を記録し、ゴールド・アルバムを獲得。

ファースト・アルバムのレコーディング後にマーク・アンブラーが脱退し、イアン・パーカーが後任として加入。その後、セカンド・アルバム「TRB Two」のレコーディングをおこないました。収録曲について意見がぶつかり、ドルフィン・テイラーが脱退。「TRB Two」は1979年3月にリリースされ全英18位を記録。

バンドはツアーに出ますが、この時点でバンドの内紛は手が付けられない状態になっており、ダニー・カストウが脱退を決意。バンドは解散となります。

以降、トム・ロビンソンはセクター27で活動したのちにソロとなり、現在まで活動を続けLGBTの解放を訴え続けています。

トム・ロビンソン・バンドで一番好きな曲

トム・ロビンソン・バンドを初めて聴いたのは高校生のころ。美術予備校の同期のOくんに「Power in the Darkness」を貸してもらったのがきっかけ。パンクバンドの中でも演奏は最高ランクに上手いし、特にギターはカッティングがめちゃくちゃカッコいい。このアルバムは今でもたまに聴きたくなるアルバムですね。セカンドの「TRB Two」は世間の評価は低いですが、私はこれも結構好きでよく聴いていました。

トム・ロビンソン・バンドで一番好きな曲「この1曲」は「Power in the Darkness」収録の「2-4-6-8 Motorway」を選曲します。やっぱりこの曲ですよね。3コードのシンプルな曲で、ギターとオルガンの絡みが最高です。

Power in the Darkness (CCCD) [Bonus Tracks]

Tom Robinson Band 2-4-6-8 Motorway

コメント

タイトルとURLをコピーしました