カマシ・ワシントンの映画音楽作品「Becoming」が発売決定!

NEWS
スポンサーリンク

カマシ・ワシントンが担当する初の映画音楽

7月にロバート・グラスパー、テラス・マーティン、9thワンダーとともに「Dinner Party」を結成しアルバムをリリースしたカマシ・ワシントン。先日はフジロックフェスティヴァルの配信でのパフォーマンスが話題を呼んだばかりですが、アルバム・リリースのニュースが入ってきました。

今度のカマシは映画音楽。今年5月にNETFLIXで公開された、前大統領夫人ミシェル・オバマのドキュメンタリー作品「Becoming(マイストーリー)」のスコアを担当しました。収録内容は、この映画のために書き下ろされた新曲と、過去の作品を再録して収録したものとなっています。

発売情報とメンバー

注目の発売日ですが、2020年12月11日(金)。メディアはCD/LPとなっています。

作曲とプロデュースをカマシ・ワシントンが担当。参加メンバーはライアン・ポーター(トロンボーン)、マイルス・モズレー(ベース)、キャメロン・グレイヴス(ピアノ)、トニー・オースティン(ドラムス)、リッキー・ワシントン(フルート)などネクスト・ステップのいつものメンバーに加え、2017年発表のカマシのEP「Harmony of Difference」でぶっ飛んだプレイを聴かせてくれたトランペッターのドンテイ・ウィンスローが参加。

ドンテイ・ウィンスローのソロが素晴らしい「Humility」

そのほか、即興演奏家ショーン・サンダレガー、ケネス・クラウチ(キーボード)などがレコーディングに参加しています。

トラックリスト

  1. Shot Out Of A Cannon
  2. Becoming
  3. Take In The Story
  4. Southside V.1
  5. Dandy
  6. The Rhythm Changes
  7. Song For Fraser
  8. Announcement
  9. Detail
  10. Fashion Then and Now
  11. Provocation
  12. Connections
  13. Looking Forward
  14. I Am Becoming
  15. Southside V.2

現在、YouTube上に収録曲を演奏した映像が公開されています。「Announcement」はカマシのプレイが堪能できるナンバー、「Detail」はトニー・オースティンとロナルド・ブルーナーJrのダブル・ドラムから始まり、キャメロン・グレイヴスのピアノが素晴らしい。そして「Fashion Then and Now」ではドンテイ・ウィンスローのミュート・プレイが印象的。静かな立ち上がりからどんどん盛り上がり、終盤はドラムス2人が大活躍。

【関連記事】
カマシ・ワシントン「Becoming」の楽曲を演奏した動画を公開
【レビュー】テラス、グラスパー、カマシ参加の「Dinner Party」を聴いた
ロバート・グラスパー、カマシ・ワシントン、テラス・マーティンがDinner Partyを結成
カマシ・ワシントンのドキュメンタリー映画がAmazonプライムで配信決定!
カマシ・ワシントン「Harmony of Difference」のレビュー
ディナー・パーティが「Dinner Party: Dessert」を発表
「Kamasi Washington Live at Apollo Theater」を観た

コメント

タイトルとURLをコピーしました