レニー・クラヴィッツのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ほとんど全ての楽器を自分ひとりで演奏

ミュージシャンの全ての曲の中で一番好きな曲を選んで紹介する「この1曲」。

今日はレニー・クラヴィッツを取り上げます。

レニー・クラヴィッツは1964年アメリカ・ニューヨーク生まれのミュージシャン。

父親は東欧系ユダヤ人、母親はバハマ系でおもにテレビ・ドラマで活躍したロキシー・ローカーという女優さん。

1974年にロサンゼルスに移り住んだレニーは高校に進学するも、ミュージシャンを目指して中退します。

その後はセッション・ミュージシャンをしながらレコード会社に売り込んでいましたが、

1989年にヴァージン・レコードから、「Let Love Rule」を発表しデビュー。

サックスやヴァイオリン、チェロなどの楽器をのぞき、

ほとんど全ての楽曲をレニーひとりで演奏

これは以降のアルバムでも踏襲されるレニー・クラヴィッツの特徴ですね。

マドンナの1990年のシングル「Justify My Love」を共作、プロデュースしたことから注目を集め、

1991年発表のセカンド・アルバム「Mama Said」で大ブレイク。

ここからサード・アルバム「Are You Gonna Go My Way」までのレニー・クラヴィッツは、素晴らしかった。

私の中ではこの2枚がピークで、

Circus」まではなんとか。一番売れたアルバム「5」で、もういいやってなっちゃいました。

レニー・クラヴィッツで一番好きな曲

徐々に私の興味から外れ、セールスも「5」のあとは振るわなくなってきたレニーですが、

あのころは神がかっていました。

一番好きな曲を選ぶとすると、当然この時期からになるのですが、

Mama Said」に収録の「It Ain’t Over ‘Til It’s Over」を選曲します。

アルバム全体を覆うウェットな音質とレニーのファルセットが最高。

そして、アレンジがいい。特徴的なヴァイオリンの使い方、途中から入ってくるシタールとか、

もう天才的にオシャレなサウンド

ポール・ウェラーはスタイル・カウンシルでブラック・ミュージックに傾倒しましたが、

結局自分の声質があってないことを認識し(あれはあれで私は大好きなのですが)、

方向性を変えたという話がありましたが、

実はこういうのがやりたかったんじゃないか?という気がしています。

あのころ、レニー・クラヴィッツがやっていたことは間違いなく最先端だったと思います。

ママ・セッド
ユニバーサル ミュージック (e)
Lenny Kravitz – It Ain't Over Til It's Over (Official Music Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました