レッド・ホット・チリ・ペッパーズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ジョンがいるレッチリは最高

ミュージシャンやバンドの中で一番の曲を選曲して紹介していく「この1曲」。

今日は、昨年12月にジョン・フルシアンテの復帰がアナウンスされた、

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ。レッチリです。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは1983年に結成されたアメリカ・カリフォルニア出身のロック・バンド。

その音楽性は、ファンク、ヒップホップ、ハードロック、パンクロックなどをミックスしたもので、

ミクスチャー・ロックの代表格として知られています。

ジョンが戻った現在のメンバーは、以下の通り。

  • アンソニー・キーディス(ヴォーカル)
  • フリー(ベース、バッキング・ヴォーカル)
  • チャド・スミス(ドラムス)
  • ジョン・フルシアンテ(ギター、バッキング・ヴォーカル)

私が出会った頃は高校生で、レッチリもすでにこのメンバーで活動していました。

最初に聴いたアルバムは名作「Blood Sugar Sex Magik」で、

当時はシングル「Give It Away」のビデオをソニー・ミュージックTV(懐かし)で観て、

「なにこの変なバンド!」と思いつつ、どんどんその魅力に引き込まれていきました。

一生懸命「ギヴルウェイナーウ」って歌えるように練習してましたからね。笑。

このアルバムで成功してトップ・バンドの仲間入りしたレッチリでしたが、

なんと来日ツアー中にジョン脱退。バンドは落ち目に。

もうレッチリは終わったと世間でもいわれていた1999年。ジョン復帰

そして最大のヒット作「Californication」をリリースします。

このアルバムには歓喜しました。

私が好きだったレッチリが戻ってきたどころか、さらなる進化を遂げていましたからね。

その後も順調にアルバムをリリースしますが、2009年、ジョン脱退

後任のジョシュ・クリングホッファーも頑張りますが、

やっぱりジョンじゃなきゃヤダ。ってなりましたね。私は。

それで、今回のジョン復帰のニュースですよ。

ジョシュと作ったアルバムはお蔵に入れて、新しく作り直すらしいですから、

次のアルバムはまた注目ですね。

また、ジョンが新しい風を入れてくれることでしょう。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズで一番好きな曲

レッチリで一番好きな曲。うーん。アルバムだったら速攻で「Californication」って言えるんですけどね。

曲となると「Under the Bridge」を選曲します。

ジョンのギターの音!そしてこのメランコリックで美しいメロディ。

プリミティヴな音なのでバンド4人の相性の良さが際立つ

当時、何回リピートしたことか。

やっぱこの4人じゃなければ出せない音

そのことを初めて認識した曲だったかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました