ラモーンズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

3コードのシンプル・ロックン・ロール

ミュージシャンごとの最強の一曲を選曲し、紹介していく「この1曲」。

今日はニューヨーク・パンクの代表格、ラモーンズを取り上げます。

ラモーンズは1974年、アメリカ・ニューヨークで結成されたパンク・ロック・バンド。

デビュー当初のメンバーは、

  • ジョーイ・ラモーン(ヴォーカル)
  • ジョニー・ラモーン(ギター)
  • ディー・ディー・ラモーン(ベース)
  • トミー・ラモーン(ドラム)

日本でもOKAMOTO’Sが全員オカモト姓を名乗るバンドをやってますが、元祖はラモーンズ。

メンバーが入れ替わったりしていますが、新メンバーも含めて全員ラモーン姓を名乗りました。

オリジナル・メンバーは全員鬼籍に入っており、時の流れを感じざるを得ません。

ラモーンズの凄いところはほとんどの曲が3〜4コードで曲の長さは2分ほどという、

わかりやすく、キャッチーでかつバリエーションのある曲を作り続けたことだと思います。

私はラモーンズを高校時代に知り、

そのインパクトのある曲作り、全員同姓で、衣装もジーンズにライダース・ジャケット、そして特徴的な髪型、バンドロゴなどなど、

イメージ戦略が定まっていて、アイコン的な要素が多くあるこのバンドを敬愛し、

浪人時代にはラモーンズを真似た髪型をしてました。

私のなかで痛恨だったのは、ラモーンズの解散ライブに行かなかったこと。

確か大学1年生でした。

ラモーンズには影響を受けていましたし、何を置いても行ってありがとうと言うべきでした。

ラモーンズで一番好きな曲

そんなラモーンズで一番好きな曲は、頭をめぐる様々なナンバーを吟味しますが、

やっぱり最初に頭に浮かぶ、「Blitzkrieg Bop」を選曲します。

「Blitzkrieg Bop」はラモーンズのデビュー・シングルであり、

ファーストアルバム「Ramones(邦題:ラモーンズの激情)」に収録された代表曲。

オリジナルアルバムバージョンも勿論いいんですけど、ライブアルバムでのこの曲はやっぱり最高です。

特に、1979年発売の「It’s Alive」のバージョンや、

オリジナルより速すぎる1991年発売「Loco Live」のバージョンが好きでした。

ラモーンズの、いやパンク・ロックの旗印ですね。この曲は。

シンプルで、キャッチーで、客が盛り上がれる仕掛けがあって。最高です。

ラモーンズの激情+8
ワーナーミュージックジャパン
It's Alive
Rhino/Warner Records

 

The Ramones – Blitzkrieg Bop (Live)

コメント

タイトルとURLをコピーしました