ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

レゲエはボブ・マーリーだけあればよかった

そのミュージシャンやバンドの曲の中で一番好きな曲を選んで紹介する「この1曲」。

今日は、この寒い時期ですが、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズです。

結構冬に聴くの好きなんですよ。

ボブ・マーリーは1945年、ジャマイカ生まれのミュージシャン。

レゲエを世界に広めたことで有名ですね。

ボブ・マーリーといえば、ラスタ運動や政治的な発言や歌詞と切っても切れないミュージシャンですが、

私はそのへんは脇に置いて、音楽だけを楽しんでました。

熱心なファンには怒られそうですけど。

それだけ初めて触れるレゲエという音楽に夢中でしたね。

なんじゃコレって感じです。

ここでレゲエを知って、その気持ちよさにハマって、ボブ・マーリーのアルバムを手当たり次第聴いていました。

それが浪人時代だったと思います。

心地よさと懐かしさ?や安心感みたいな感情を持って聴いていましたが、

ジャマイカの民族音楽メントやジャズ、リズム&ブルース、カリプソのようなルーツ・ミュージックをベースにしているからかなと思います。

裏打ち(バックビート)も気持ちよさに一役買っていますね。

私はボブ・マーリーを入り口にツー・トーンのスカに深入りしていきました。

そして、あんまり他のレゲエ・ミュージシャンには行きませんでしたね。

だから今だにボブ・マーリー以外の当時のレゲエには疎いです。

私にはボブ・マーリーだけあればよかったんです。

ボブ・マーリー&ウェイラーズで一番好きな曲

ボブ・マーリー&ウェイラーズの中で特によく聴いたアルバムは「Exodus」と「Kaya」でした。

アルバムを選ぶならこの2枚のうちどちらかですが、

1曲だけ選ぶとなると大変です。

One Love/People Get Ready」、「Could You Be Loved 」、「Satisfy My Soul」、「Stir It Up」、「No Woman, No Cry」。。。

迷いますが、決めました。

1978年発表の10枚目のスタジオアルバム「Kaya」収録の「Is This Love」にします。

やっぱり、純粋に音楽として素晴らしいと思います。

政治、宗教、運動と寄り添いながら作品を作っていったボブ・マーリー。

そのことによって神格化もされているのもわかるんですよ。

でも好きなのは「Is This Love」のようなシンプルなラブソングなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました