ベット・ミドラーのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

歌手として女優として数々の賞を受賞

今日はベット・ミドラーで一番好きな曲「この1曲」を取り上げます。
ベット・ミドラーは1945年、アメリカ・ハワイ州ホノルル生まれのシンガーソングライター、女優。

舞台女優を目指してニューヨークに出たベット・ミドラーは1960年代後半に「屋根の上のバイオリン弾き」などのブロードウェイの演劇に出演します。

1972年12月にアトランティック・レコードからデビュー・アルバム「The Divine Miss M」をリリース。このアルバムはビルボードのトップ10入りを果たし、ミリオンセラーを記録。1973年のグラミー賞最優秀新人アーティスト賞を受賞しました。

1973年末にはセルフ・タイトルのセカンド・アルバム「Bette Midler」をリリース。全米6位を記録し、最終的にはアメリカだけで100万枚近くのセールスをあげます。

1979年には映画に進出し「ザ・ローズ」にジャニス・ジョプリンをモデルにしたドラッグ中毒のロックスターとして出演。ここでの演技でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞しました。 この映画の絶賛されたサウンドトラック・アルバムは、米国だけで200万枚以上を売り上げ、ダブル・プラチナ認定を受けました。タイトル曲「The Rose」のシングル・バージョンは、ビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで5週連続で1位、ホット100では3位を記録した。この曲は彼女にとって初のゴールド・シングルとなり、グラミー賞の最優秀ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞しました。

1985年にはウォルト・ディズニー・スタジオと複数の映画契約を結び、同スタジオの新たに設立されたタッチストーン・ピクチャーズ部門が製作した映画に次々と出演し、成功を収めます。その後、「ダウン&アウト・イン・ビバリーヒルズ」にキャスティングされ、コメディ俳優としてのキャリアをスタートさせます。1988年にはディズニーの「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」のアニメキャラクターであるジョーゼットの声優として出演。また、バーバラ・ハーシーと共演した映画「フォーエバー・フレンズ」がヒットし、彼女の最大のヒット曲である「Wind Beneath My Wings」はビルボードのホット100で1位を獲得し、プラチナ認定を受けました。

1990年には7枚目のスタジオ・アルバム「Some People’s Lives」をリリース。シングル「From a Distance」は、ビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートでトップに立ち、アメリカではプラチナ認定を受けました。

その後も歌手として、女優として活動し、近年では2017年のブロードウェイのミュージカル「ハロー・ドーリー!」で主演。この作品でトニー賞 ミュージカル主演女優賞を受賞しています。

ベット・ミドラーで一番好きな曲

ベット・ミドラーを初めて知ったのは映画「ザ・ローズ」をテレビで観たときです。小学生だったと思いますが、エネルギッシュで激しいシャウトが子供ながらにカッコいいと思いましたね。ただ、このときはローズ=ベット・ミドラーという認識はできていなくて、ベット・ミドラーは私の記憶からは一旦消え去ります。

再認識するのは高校生になってから。ジャニス・ジョプリンを聴くようになり、周辺を調べていくと「ザ・ローズ」に行き当たり、ここでローズ=ベット・ミドラーが繋がります。ちょうど、「From a Distance」がヒットしていた頃ですね。

それで映画のサウンド・トラックを聴き、やっぱりカッコいいじゃん!ってなりました。

さて、ベット・ミドラーで一番好きな曲「この1曲」は「Stay With Me」も捨てがたいんですけど、「The Rose: The Original Soundtrack Recording」収録の「The Rose」を選曲します。映画の最後に流れるこの曲がめちゃくちゃいいんですよね。この曲を聴き終わってちょっと放心しちゃう感じ。また映画が観たくなりました。

The Rose: The Original Soundtrack Recording

ローズ [Blu-ray]

Bette Midler – The Rose (HD music video 1979)

コメント

タイトルとURLをコピーしました