フェイセズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

フェイセズの結成

ミュージシャンごとの一番好きな曲を選曲して紹介していく今日の「この1曲」。

今日はフェイセズです。

フェイセズは1969年にスティーヴ・マリオットが抜けたスモール・フェイセズの残りのメンバーに、

ジェフ・ベック・グループを抜けたロッド・スチュワートロン・ウッドが加わり結成されたイギリスのロックバンドです。

メンバーは、ロッド・スチュワート(vo)、ロン・ウッド(g)、ロニー・レーン(b)、ケニー・ジョーンズ(d)、イアン・マクレガン(key)の五人組。

ロン・ウッドはジェフ・ベック・グループではベースでしたが、フェイセズでギターに変更。

ファースト・アルバムの「First Step」ではギターの教本を持つロンがなんともコミカルです。

また、ロッドはレコード会社との契約があり、ソロとフェイセズの掛け持ちという状態でした。

私のフェイセズとの出会い

私がフェイセズに出会ったのは高校時代です。

高校時代はロッドやブラック・クロウズのクリスのような、

高音でハスキーなヴォーカルが好きでした

特に70年代のロッドは音楽性も含め最高のヴォーカリストの一人だと思います。

それに加えてストーンズでのロンの活躍も見ていましたから、

ロッドとロンがやってたバンドなら聴かないわけにはいかないです。

そんなに深掘りせずとも必然的に出会った感じです。

フェイセズで一番好きな曲

そんな私が選んだフェイセズで一番好きな曲は、

1971年発売の「A Nod Is as Good as a Wink…To a Blind Horse(馬の耳に念仏)」収録の、「Stay With Me」です。

出だしからラウドなギターがかっこいいです。

曲全体にわたってギターがフィーチャーされていますが、

もちろんロッドのヴォーカルは個性的ですし、

イアンのエレピもめちゃくちゃ転がっててかっこいい。

ノリのいい、これぞロックン・ロールというナンバーです。ライブがすごく楽しそう。

ロッドはソロになってからもこの曲を演奏していますし、ライブ盤にも収録されています。

解散

先述したように、ロッドはソロとの並行だったわけですが、

ソロでの成功とともに。フェイセズはロッドのバックバンドのような扱いを受けていきます。

ロッドと他のメンバーとの軋轢も重なり、リーダー格のロニー・レインは脱退してしまいます。

その後、日本人の山内テツをベースに迎えます(このメンツに割ってはいるなんてすごい。)が、結局フェイセズは解散してしまいます。

その後、ロッドはソロで大成功。ロンはストーンズに。

イアンはストーンズとも共演するなどサポートミュージシャンとして大活躍。

私はこの3人にはフェイセズ以外にもお世話になっていくわけです。

ロニーとイアンが亡くなってしまったので、

もうフェイセズがオリジナルメンバーで復活することはないですが、

せめてロッドとロンが並んで「Stay With Me」を演奏するところを見たいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました