ニール・ヤングのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

出会いは「Harvest Moon」

ミュージシャンの「これ!」という1曲を選曲して紹介していく「この1曲」。

今日はニール・ヤングをとりあげます。

ニール・ヤングは1945年カナダ・トロント出身のミュージシャンです。

デビューは1966年のバッファロー・スプリングフィールド

その後も、ソロ名義、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング

クレイジーホースを率いたバンド形式と、様々なかたちでプロジェクトを行い、現在に至ります。

私がニール・ヤングに出会ったのは高校3年生のころ。

そのころはアメリカン・ロックを掘り下げている時期で、

ニール・ヤングも「Harvest Moon」をリリースしてチャートをあがっていました。

だから、長年のファンの方には怒られそうですが、

Harvest」よりも先に「Harvest Moon」を聴いたと思います。

ニール・ヤングで一番好きな曲

ニール・ヤングもいろいろあって迷いますが、

私が選ぶ「この1曲」は「Like A Hurricane 」ですね。

2001年7月28日。フジ・ロック・フェスティバルでのライブを体験した私としては、

この曲は絶対外せない。

あの轟音、ねじ伏せていくようなギタープレイ、山の上でよく通るハイトーンのヴォーカル。

音が山に当たって跳ね返ってくるんですよね。あれはすごい。

もう20年くらい前の話ですが、今でもあのアツいプレイは思い出せます。

多分「Like A Hurricane」だけで20分くらい演奏してたと思います

全体でも2時間以上のライブだったんで、普通に単独公演レベルの時間。

50代後半とは思えない充実したライブで大満足でした。

ライブ終わりの挨拶でニール・ヤングが笑ってて、

あとから雑誌で読みましたが、ニール・ヤングってあんまり笑わないそうですね。

それがあんなに満足そうだったので、ちょっと誇らしい気持ちになりました。

それぐらいみんなで盛り上がったライブだったんです。

フォークギターとハーモニカの弾き語りスタイルも好きですが、

やっぱりゴリゴリ攻めてくるクレイジーホースを伴ったバンドのライブがたまりません。

近年は体調を崩しているというニュースもあり、心配でしたが、

昨年には新作アルバムも発表し、活発に活動されているようでちょっと安心。

久々にクレイジーホースとともに来日公演なんてこともあるかもしれません。

その時はまた「Like A Hurricane」をプレイして欲しいですね。

アメリカン・スターズン・バーズ
ワーナーミュージックジャパン
Like a Hurricane (2016 Remaster)

コメント

タイトルとURLをコピーしました