トム・ウェイツのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

大学時代の思い出にはトム・ウェイツの声が混じり合っている

そのミュージシャンの中で好きな曲を1曲だけ選んで紹介する「この1曲」。

今日はトム・ウェイツを取り上げます。

トム・ウェイツは1949年生まれ、アメリカ・カリフォルニア出身のシンガーソングライターです。

高校を中退したあと、カリフォルニアでさまざまな職につきながらクラブで歌い始め、

1972年にアリス・クーパーやフランク・ザッパのマネジメントを担当していたハーブ・コーエンと出会い、

1973年にアサイラム・レコードから「Closing Time」をリリースしてデビュー。

その後もコンスタンスにアルバムを発表し、新しいことにも挑戦しているトム・ウェイツです。

私が本格的にトム・ウェイツを知ったのは友人に紹介されてでした。

大学時代、となりのアトリエで友人がよくトム・ウェイツのアルバムをかけながら制作していて、

トムのしゃがれ声が聴こえてくると、ちょっと休憩という感じでみんながそこに集まり、

コーヒーブレイクとニコチン補給をしながら制作について語り合う。

そういう場にぴったりだったんですよね。

当時は「Closing Time」や「Heartattack and Vine」、「Rain Dogs」なんかをよく聴いていました。

大学時代の思い出にはトム・ウェイツが混じり合って記憶されています

トム・ウェイツで一番好きな曲

トム・ウェイツで一番好きな曲は大学時代によく聴いた曲。

ファーストアルバム「Closing Time」から「Ol’ ’55」を選曲します。

これがデビュー曲というのが信じられないくらいですが、

大御所感ただよう独特なヴォーカルやクラブの情景がうかんでくるようなピアノが印象的

前述の大学時代の話にもありますが、この曲はコーヒーとタバコって感じです。

今ならボーモアとかラフロイグなんでしょうけど。笑。

コーヒーとタバコといえば、そのまんまのタイトルの「コーヒー&シガレッツ」という映画にトム・ウェイツが出ていましたね。

ジム・ジャームッシュの監督作品です。

予備知識なく、映画館で観たのですが、イギー・ポップとトム・ウェイツが出てきてびっくりしました。

二人ともコーヒーとタバコをうまい感じでやるんですよ。

映画はモノクロでオムニバス。11のエピソードで構成されていて、ホワイト・ストライプスも出演していて、こちらもおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました