ジャック・ジョンソンのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

サーフ・ミュージックの代表格

ミュージシャンごとのベストな1曲だけを選曲して紹介していく「この1曲」。

今日は、先日のG.ラヴ&スペシャル・ソースに引き続き、サーフ・ミュージックの代表格、

ジャック・ジョンソンを取り上げます。

ジャック・ジョンソンは1975年アメリカ・ハワイ生まれのシンガー・ソングライター。

元々プロ・サーファーだった彼は、怪我をしてしまったことを機に、

それまで興味のあった音楽や、映像制作といった分野に乗り出します。

サーフィンの映像作品を作りつつ、BGMも自作していたジャックの才能にいち早く気付いたG.ラヴが、

アルバム「フィラデルフォニック」の収録曲にジャック作の「Rodeo Clowns」を吹き込み、

名前が知れ渡っていくことになります。

ジャック・ジョンソンで一番好きな曲

私がジャック・ジョンソンに出会ったのは、2003年のセカンドアルバム「オン・アンド・オン」。

友人からの紹介でした。

友人に「ジャック・ジョンソンって知ってる?」と聞かれたときに、

「ん?ジャック・ジョンソン?」と一考。

マイルス・デイヴィスがボクシングの元世界チャンピオンであるジャック・ジョンソンをタイトルに曲を作っていたことを知っていた私は、

「ボクシングの世界チャンピオンのことか?」と聞きなおすときょとんとされ、

「マイルス・デイヴィスのアルバムかい?」って聞いても「んー?」と首を傾げている。

それで友人が「サーフ系のミュージシャンだよー」って教えてくれたんですけど、

今度はこっちがピンと来ない。

「まあ、良いから聴いてみてよ」と言われ、アルバムを借りたんですけど、

一聴して「あー、この人知ってる!」ってなったんですよ。

そう、「オン・アンド・オン」にはジャック・ジョンソン版「Rodeo Clowns」が収録されていたんです。

それまで繋がっていなかった回路が繋がり、サーフ系というくくりがあるんだ。と知りました。

アルバムを通して優しく、スムースで心地よい曲たちが座りよく並べられていて、

とてもリラックスした気分で聴けるアルバムなので、

休日を目一杯味わうための音楽という位置づけで重宝しました。

「オン・アンド・オン」以降もコンスタントにアルバムを発表し続けていますし、

新作もそろそろかもしれませんね。

結構多作なジャック・ジョンソンですが、「この1曲」には「Rodeo Clowns」を選曲します。

私にとって出会いの曲ですし、ジャック・ジョンソンらしさが凝縮されている特別な曲だと思います。

Rodeo Clowns

コメント

タイトルとURLをコピーしました