シン・リジィのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

アイルランドの国民的バンド

お気に入りのミュージシャンの楽曲で一番好きな曲を選んで紹介していく「この1曲」。

今日はシン・リジィをとりあげます。

シン・リジィは1969年にアイルランド・ダブリンで結成されたロック・バンド。

デビュー当時のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • フィル・ライノット(ベース、ヴォーカル)
  • エリック・ベル(ギター)
  • ブライアン・ダウニー(ドラムス)

1970年にEMIからシングル「The Farmer」をリリースしてデビュー。

デッカ・レコードと契約してロンドンに渡り、1971年4月にデビュー・アルバム「Thin Lizzy」をリリースします。

以降、アルバム、シングルをリリースしていきますが、アイルランドの伝統的なバラード「Whiskey in the Jar」のシン・リジィ版がイギリスで6位を記録した以外は全くチャートに入れませんでした。

1973年の大晦日、エリック・ベルが突然バンドを脱退。その後はスコット・ゴーハムとブライアン・ロバートソンの2人のギターを加えたラインナップとなります。

フォノグラムと新たな契約を結び発表された4作目のアルバム「Nightlife」は、前の3枚のアルバムと同様にチャートには入りませんでした。

ようやく兆しが見えるのが5作目のアルバム「Fighting」。このアルバムは初めてイギリスでチャート入りしました。

1976年3月26日に6作目のアルバム「Jailbreak」をリリース。シングルカットされた「The Boys Are Back in Town」が全世界でヒットし、アルバムはイギリスでは10位、アメリカでは18位を記録し6作目にして初めての大ヒットとなりました。

つづく「Johnny the Fox」は1976年10月にリリースされイギリスで11位、アメリカで52位を記録。

しかしこの頃からライノットとロバートソンの間に不和が起こり始め、次のアルバム「Bad Reputation」のツアー中にロバートソンが脱退。バンドはこれまでもサポートを依頼してきたゲイリー・ムーアを正式メンバーとして迎えます。

1979年4月に「Black Rose」をリリース。イギリスで2位を記録しました。

しかし1979年7月4日、ゲイリー・ムーアは突然シン・リジィを脱退してしまいます。

その後もメンバーの加入、脱退がありつつ活動を続けますが、バンドを覆う薬物問題は根深く、1983年に解散となり、1986年にはフィル・ライノットが薬物過剰摂取により亡くなってしまいます。

シン・リジィで一番好きな曲

シン・リジィは高校時代に初めて聴きました。当時はゲイリー・ムーアの「Still Got the Blues」がヒットしていて、そこから辿っていった感じでした。

なので、最初に聴いたアルバムは「Black Rose」。その後、さかのぼって聴いていきました。

それで出会ったのが「Jailbreak」。このアルバムが一番好きですね。今聴いてもアツい。

シン・リジィの「この1曲」もアルバム「Jailbreak」に収録の「The Boys Are Back In Town」を選曲します。

フィル・ライノットのヴォーカルは音域はそんなに広くないけれど説得力があり、一音に込める言葉の多さなんかはディランの影響を感じます

この曲はラウドなツイン・ギターのハーモニーが最高ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました