ザ・ストロークスが再始動!7年ぶりアルバム「The New Abnormal」をリリース決定!

NEWS
スポンサーリンク

ザ・ストロークスが戻ってくる!

ザ・ストロークスが長い沈黙期間を終え、ようやく戻ってきます。

新作「The New Abnormal」のリリースが決定しました。

前作「Comedown Machine」が2013年に発表だったので、実に7年ぶり6作目のアルバム。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、メタリカ、カニエ・ウエスト、ビースティー・ボーイズ、ジョニー・キャッシュなど、

様々なジャンルを横断してしているリック・ルービンがプロデューサーとなっています。

これは噂どおりでしたね。

注目の発売予定日は2020年4月10日(金)と発表されています。

ただ、これは輸入盤と配信の発売日のようで、国内盤はこれからアナウンスされる予定。

注目の曲数、トラックリストは?

新作「The New Abnormal」の曲数は全9曲。

トラックリストは以下の通りとなっています。

  1. The Adults Are Talking /ジ・アダルツ・アー・トーキング
  2. Selfless /セルフレス
  3. Brooklyn Bridge To Chorus /ブルックリン・ブリッジ・トゥ・コーラス
  4. Bad Decisions /バッド・デシジョンズ
  5. Eternal Summer /エターナル・サマー
  6. At The Door /アット・ザ・ドア
  7. Why Are Sundays So Depressing /ホワイ・アー・サンデイズ・ソー・ディプレッショング
  8. Not The Same Anymore /ノット・ザ・セイム・エニモア
  9. Ode To The Mets /オード・トゥ・ザ・メッツ

アルバムジャケットがバスキア!

そして、びっくりしたのがジャン・ミシェル・バスキアの作品を使用したアルバム・ジャケット。

カッコいい。

バード・オン・マネー」という作品をトリミングして使用しているようです。

品切れ状態ですが、アマゾンにも複製画を見つけることができます。

使用料がいかほどなのか、気になります。

新曲「At The Door」はYouTubeで視聴可能

アルバムの6曲目に収録されている「At The Door」がYouTubeで視聴できます。

さっそく聴きましたが、ちょっとびっくりの曲。

ジュリアンのヴォーカルは今まで通り(めちゃくちゃ状態良さそう)だけど、

バンドの音が抑えられ、電子音が前面に。

知らない人が聴いたらベックの曲って言うかもしれない感じ。

これはアルバムどうなってんだろ。賛否両論ありそうですが、

「今」の音が鳴っているのは確か。

いや〜。こんな感じで来るのか。楽しみだけど怖い。

アルバムを早く聴いてみたいです。

予約は始まっていますが、現状まだダウンロード版だけとなっています。

↓↓↓↓↓

The New Abnormal

CDも予約始まりました!

The New Abnormal


コメント

タイトルとURLをコピーしました