ザ・ジャムのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

18歳でデビューしたポール・ウェラー

ミュージシャン、バンドの最強の1曲を選曲し紹介していく「この1曲」。

今日は、昨日のクラッシュに引き続き、ロンドン・パンク。ザ・ジャムを取り上げます。

ザ・ジャムは1977年にデビューしたロック・バンドです。

メンバーは1983年の解散まで変わらず、ポール・ウェラー(ギター、ヴォーカル)、ブルース・フォクストン (ベース、ヴォーカル)、リック・バックラー(ドラムス)の3人組。

今をときめくビリー・アイリッシュは18歳でグラミー主要4部門で受賞しましたが、

ポール・ウェラーがデビューしてブームを巻き起こしたのも18歳。

それから現在に至るまで第一線で活躍し続けています。

ジャムは1977年のパンク・ロック・ムーブメントに乗っかるかたちでデビューしますが、

その音楽性はスモール・フェイセズ やザ・フーなど、モッズ・サウンドの影響が色濃く、

パンク・ロックのカテゴリーに収まらないものでした。

「時流に乗ってパンクで出ていったけど、俺たちパンクじゃないし」ってな感じだったんじゃないでしょうか。

セカンド・アルバムでは立ち位置の微妙さもあって失敗してしまいますが、

その後はR&Bやモータウンなども取り入れ、ジャムらしい音楽を追求していくことになります。

ジャムで一番好きな曲

ジャムのアルバムは「Sound Affects」が好きなのですが、

曲となると名曲の宝庫。「Going Underground」、「The Eton Rifles」、「That’s Entertainment」、「Start!」などなど、

気に入った曲はたくさんあるのですが、

1曲だけ選ぶとなると、ファースト・アルバムのタイトル曲「In the City」になります。

ポール・ウェラーのラウドなギターから始まり、ブルース・フォクストンのベースが乗っかり、

リック・バックラーのドラムが入ってきて、ジャンプ!

この出だしだけでもうね、カッコいいですよ。

中高生のころに観たらハマるの間違いなしですよね。

ジャムは演奏している姿がほんとにカッコよかったですね。

細身の三つボタンスーツで揃えたルックスも含めてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました