ザ・クラッシュのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

パンクの代表格から独自の音楽性を手にしたクラッシュ

ミュージシャン、バンドの曲の中で一番好きな曲を選曲して紹介していく「この1曲」。

今日はザ・クラッシュです。

クラッシュは1976年にイギリス・ロンドンで結成されたパンク・ロック・バンド。

セックス・ピストルズとともにロンドン・パンクの代表格として有名です。

デビュー時のメンバーは以下の通り。

  • ジョー・ストラマー(ギター、ボーカル)
  • ミック・ジョーンズ(ギター、ボーカル)
  • ポール・シムノン(ベース)
  • テリー・チャイムズ(ドラムス)

多くのパンク・ロック・バンドが、ファッションや反体制的な過激な発言、

音楽的には反技術主義のシンプルなロックン・ロールを特徴にしていましたが、

クラッシュはそこには留まらず、その音楽性はレゲエやスカといった裏打ち系、ダヴやラップ、ゴスペルを取り入れるなど、どんどん進化していきました。

そして1980年発表「Sandinista!」という一つの境地に至り、クラッシュ独自の音楽性を手に入れることに成功しました。

クラッシュとの出会いは結構あるあるネタ?

私がクラッシュに出会ったのは中学生の頃。

パンク・ロック・ムーブメントはリアルタイムではなく、

パンクをファッションだけでなく、音楽として聴いてみようと思った私は、

代表格の2バンド、ピストルズとクラッシュってのがあるんだと知りました。

ただ、ピストルズは中学生が買ったりレンタルするにはハードすぎて。笑。

なんせ名前が「セックス・ピストルズ」ですからね。

そんなわけでクラッシュを真っ先に手にしたわけです。

こうやってクラッシュを先に聴く人って結構いた気がします。

クラッシュで一番好きな曲

クラッシュで一番好きな曲ですが、これも選曲がなかなか難しいですね。

クラッシュの好きなところを考えると、

私の中では、激情型のジョー・ストラマーとメロディアスなミック・ジョーンズの対比、共存なんですね。

そういう意味では、ミックのヴォーカルやコーラスが印象的な曲が好きなんです。

で、頭に浮かんでくるのは、「Up in Heaven」、「Hateful」、「Spanish Bombs」とかですけど、一番好きってなると、

1978年発売のセカンドアルバム「Give ‘Em Enough Rope 邦題:動乱(獣を野に放て)」収録の、

Safe European Home」を選曲します。この曲には2人の魅力がたっぷり詰まってます。

やっぱりこの2人の取り合わせって、ズルいくらいカッコいいです。

動乱(獣を野に放て)
ソニーミュージックエンタテインメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました