グレイト・ホワイトのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ブルースを基調としたハードロック

ミュージシャン、バンドの曲で最高の1曲を選択しておすすめしていく「この1曲」。

今日はグレイト・ホワイトを紹介します。

グレイト・ホワイトは1982年にアメリカ・ロサンゼルスで結成されたハードロック・バンド

元々はジャック・ラッセル(ヴォーカル)とマーク・ケンドール(ギター)が組んでいたダンテ・フォックスというバンドが母体となっています。

全盛期のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ジャック・ラッセル(ヴォーカル)
  • マーク・ケンドール(リード・ギター)
  • マイケル・ローディ(リズム・ギター、キーボード、ハーモニカ)
  • ローン・ブラック(ベース)
  • オーディ・デスブロウ(ドラムス)

1984年に「Great White」でメジャーデビューするものの、売れず、契約を打ち切られるという多難なスタート。

1986年のセカンドアルバム「Shot In The Dark」で評価を上げ、

1987年のサードアルバム「Once Bitten」からセールス的にも大成功を収めます。

グレイト・ホワイトというと当時ではめずらしくブルースを基調としたハードロックを聴かせるバンドで、

アーシーなサウンドとジャック・ラッセルのヴォーカルが特徴的でした。

私は高校生の頃に「…Twice Shy」や「Hooked」あたりがリアルタイムで熱心に聴いていました。

グレイト・ホワイトで一番好きな曲

私が選ぶグレイト・ホワイトで一番好きな曲は、1991年発表の「Hooked」に収録の、

Desert Moon」を選曲します。

まず、出だしのギターがかっこいい。今聴くとちょっと時代を感じさせますけどね。

ジャックのヴォーカルもザラつきつつ高音という特徴がよく出ています。

アルバム的にも「Hooked」が一番聴き込んだ感じがします。

グレイト・ホワイトのもう一つの魅力として、カバーがうまいんですよ。

「Hooked」にはスモール・フェイセズ の「Afterglow」が収められていて、これも結構好きなんですけど、

1999年にツェッペリンをカバーしたライブアルバム「Great Zeppelin: A Tribute To Led Zeppelin」も出していて、

こちらもおすすめ 。

ロバート・プラントに似ているという評価のあるジャック・ラッセルですけど、

しっかりアメリカンロックの感じが出ているのがジャック・ラッセルの特徴だと思います。

フックド
ユニバーサル
GREAT WHITE – "Desert Moon" Official Music Video

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました