エクストリームのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ファンクネスあふれるハードロックバンド

好きなミュージシャンの楽曲の中で最高の1曲を選んで紹介していく「この1曲」。

今日はエクストリームを取り上げます。

エクストリームは、1985年にアメリカ・マサチューセッツ州モールデンで結成されたロックバンド。

オリジナルメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ゲイリー・シェローン(ヴォーカル)
  • ヌーノ・ベッテンコート(ギター)
  • パット・バッジャー(ベース)
  • ポール・ギアリー(ドラムス)

結成後にゲイリーとヌーノは曲を作り始め、ニューイングランド地域で継続的に演奏活動をおこない地域的なファンを増やしていきます。

1986年と1987年のボストン・ミュージック・アワードでは最優秀ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・アクトを受賞します。

1987年にA&Mレコードと契約(のちにA&Mはポリドールに売却。子会社となります。)し、1989年にファースト・アルバム「Extreme」をリリースします。

1990年には最大のヒット作となるセカンド・アルバム「Pornograffitti」を発表。

シングルとしてリリースされた「Decadence Dance」と「Get the Funk Out」はイギリスでヒットしましたが、どちらも最初はアメリカでは成功しませんでした。

アルバムからの3枚目のシングル「More Than Words」はHot 100にランクインし、最終的には1位を獲得します。

続く「Hole Hearted」も成功を収め、4位を記録するヒットとなります。

バンドは1992年にサード・アルバムのレコーディングを開始しました。

III Sides to Every Story」は1992年9月にリリースされ、全米10位を記録し、ゴールド・ディスクとなります。

1994年夏にドニントンで開催されたモンスターズ・オブ・ロック・フェスティバルに出演する前に、ドラマーのギアリーがバンドを脱退。後任にマイク・マンジーニが加入しました。

1995年2月7日にリリースされた「Waiting for the Punchline」は、商業的には成功せず、エクストリームは1996年のツアー終了後、解散しました。

解散後、ヌーノはソロ活動。ゲイリー・シェローンはヴァン・ヘイレンに加入します。

それぞれの活動を経て、2000年代に入ってから数回再結成。2008年にはスタジオアルバムも発表しました。

エクストリームで一番好きな曲

エクストリームは1990年の「Pornograffitti」がリアルタイムで聴いたアルバムでした。

音楽性はハードロックをベースにしながら結構ファンキーな感じ。これが新しく聴こえて、フェイヴァリット・バンドになりました。

エクストリームの「この1曲」は「Pornograffitti」に良い曲が集中しているので、必然的にこのアルバムから選ぶことに。

代表曲「More Than Words」や「Hole Hearted」、「Get the Funk Out」もお気に入りなのですが、

Decadence Dance」を選曲します。ハードロックらしい疾走感にエクストリーム独特のファンクネスを感じるエクストリームらしい曲。とにかくヌーノの凄まじいギタープレイ、ソウルフルなゲイリーのヴォーカルが最高です。

Extreme – Decadence Dance

コメント

タイトルとURLをコピーしました