「ミュージック」アプリのライブラリ保存場所を外付けHDDに移行する方法

音楽全般
スポンサーリンク

たまる一方の音楽データを外付けハードディスクに移行

私は職業柄かれこれ20年以上Macを使用しています。

最初はPowerMacの7200シリーズから入り、さまざまな機種を乗り換え、

現在はMacBook Proの15インチが愛機です。

趣味ではなく、デザインワークで使用しているため、イラストレータやフォトショップのデータが多く、

日頃から終わった案件は外付けのハードディスクに移動していますが、

移動が面倒で、たまる一方のデータがあります。

そう、音楽のデータです。

私は基本的にはデータではなくCDを購入し、ミュージック・アプリに取り込んでデータ化していて、

現在アルバム1000枚以上をデータで持っていることになります。

これがMacのストレージを圧迫していて、なんとかしたかったんです。

データだけを外付けハードディスクに移すのは思いついたんですけど、

ミュージック・アプリのライブラリを出し入れするのが面倒ですし、

いざ聴きたいときに入っていないなんていうことも避けたい。

それでやってみたのが、外付けハードディスクをライブラリの母艦にしてしまって、

そこから直接読み込む方法。

これが大正解。

Mac本体のストレージを使わないので、いつでも快適

容量不足から解放されました。

容量が足りないMacBookユーザーは結構いると思うので、

そういう方はこれから紹介する方法を試してみて下さい!

外付けHDDにライブラリを移動する方法

それではやり方を説明していきます。

まず、Macintosh HD→ユーザ→ユーザ名→ミュージックの中にある「Music」フォルダを

外付けハードディスクにコピーします。

「ミュージック」アプリを開いている場合はいったん終了させてください。

再度「ミュージック」アプリをoptionキーを押しながら起動させてください。

そうすると、「ミュージックライブラリを選択」の画面が表示されます。

「ライブラリを選択」を選んで、さきほど外付けハードディスクにコピーした「Music」フォルダを指定します。

これで移行作業は完了です。

最後にMac内に残っている、さきほどコピーした「Music」フォルダをゴミ箱に入れ、空にすれば、

Mac内のストレージの容量が増えると思います。

最近の外付けHDDは容量が大きくてサイズが小さい

アマゾンなどを見ていると、本当に最近の外付けHDDは小さくてびっくりします。

持ち運びがしやすいのでおすすめです。

小さくて手頃。そして電源不要なHDDをいくつか紹介しておきます。

外付けHDD ポータブル Mac 2TB そと付けハードディスク ポータブル 外付けハードディスク 超薄型外付けHDD(Black,2TB)
こちらはTiitonの製品です。
(幅×高さ×奥行):31.5×8.5×105mm※本体のみ。重量:約37g※本体のみ。
容量は1TBと2TBのどちらかを選べます。色も選択可。軽さ重視ならこれですね。

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 2TB ポータブル カクうす アルミボディ 超薄型 日本製 HDPX-UTS2K
つづいてはI-O DATAの製品。安心の日本製。
(W×D×H)約76×114×8.6mm、重量:約130g
こちらも容量は1TBと2TBのどちらかを選べます。

BUFFALO ミニステーション USB3.1(Gen1)/USB3.0用ポータブルHDD 4TB HD-PCFS4.0U3-GBA
最後はバッファローの製品。
(W×D×H)11.5 x 7.6 x 1.9 cm、重量:200g
重量は一番重いですが、容量は5TBまで選択可能です。

私は1TBのものを使っていますが、まだまだ容量は空いてます。

映像などのデータがあるような人は2TB以上でもいいかもしれませんね。

外付けハードディスクを使うとMac本体の容量が圧迫されることから解放されます。

ぜひ試してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました