最近購入したアナログ盤【2020.11-1】

音楽全般
スポンサーリンク

今日は毎月恒例のその月に購入したアナログ盤、11月編です。今月は8枚購入しました。2枚はネットで購入した新作、残りの6枚は実店舗での購入でした。今日はそのうちの4枚をご紹介。

The Rolling Stones

まずはローリング・ストーンズのファースト・アルバム「The Rolling Stones」。1976年のキング・レコード盤が状態良さそうだったので迷わず購入。これはジャケ買いに近いですね。ほんとかっこいいジャケット。もちろん内容はCDで聴き込んでいますが、12インチで欲しかった盤です。ハードオフで1000円。

London Olympic Sessions

つづいてもストーンズ。「London Olympic Sessions」は初見でした。ロンドン・オリンピック・スタジオでのセッションを収めた日本の企画盤ということで気になって購入しました。が、中身は聴いたことのある音源ばかりかなと思います。ネットで調べましたが、あまり情報が出てこないです。一応ロンドン・レコード盤なのですが謎の1枚。詳しい方教えてください。普通にコンピレーションとして聴ける1枚ではあります。こちらもハードオフで1000円。

SIDE-A
01 Come On
02 Who’s Been Sleeping Here
03 Dandelion
04 Ruby Tuesday
05 Let’s Spend The Night Together
06 We Love You
07 She’s A Rainbow

SIDE-B
01 Jumpin’ Jack Flash
02 Midnight Rambler
03 Sweet Fighting Man
04 You Got The Silver
05 Honky Tonk Women
06 Gimme Shelter

Golden Years

つづいてはデヴィッド・ボウイの1983年のコンピレーション「Golden Years」。これも初見でした。アルバム「Pinups」から「Scary Monsters」 までのRCA後期のベストアルバムということです。CD化はされていないようですね。これも盤質は良く、ジャケットも美しい状態で満足の1枚。ハードオフで1000円。

SIDE-A
01  Fashion
02  Red Sails
03  Look Back In Anger
04  I Can’t Explain
05  Ashes To Ashes

SIDE-B
01  Golden Years
02  Joe The Lion
03  Scary Monsters (And Super Creeps)
04  Wild Is The Wind

Beck, Bogert, Appice Live

Beck, Bogert, Appice Live」もおなじみの1枚ですが、アナログ盤は持っていなかったので状態の良かった1枚を購入。ライブ盤としては最強のアルバムに入るような名盤ですよね。日本での録音というのも誇らしい。昔は2枚組というとそれだけで高かったもので気合がいる金額だったんですが、ハードオフで800円で購入。ありがたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました