ジョイ・ディヴィジョンのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ポストパンクを代表するバンド

今日はジョイ・ディヴィジョンの「この1曲」を紹介します。ポストパンクを代表するロックバンドの一つですね。

ジョイ・ディヴィジョンは1976年イギリス、グレーター・マンチェスターのサルフォードで結成されました。メンバーと担当楽器は以下の通り。

  • イアン・カーティス (ヴォーカル)
  • バーナード・サムナー(ギター、キーボード)
  • ピーター・フック(ベース)
  • スティーヴン・モリス(ドラムス)

バーナード・サムナーとピーター・フックはセックス・ピストルズのライブを観て感化され、バンドをはじめます。

レコード店などでメンバーを募り、1977年にはメンバーが固まります。バンドはワルシャワと名乗っていましたが、1978年にはジョイ・ディヴィジョンと改名します。

1978年6月には自主制作した「An Ideal for Living」でレコーディング・デビューを果たし、その2週間後にはコンピレーション・アルバム「Short Circuit」に「At a Later Date 」を提供します。

1978年9月、ジョイ・ディヴィジョンはテレビデビューを果たし、10月には2曲をコンピレーション・アルバム「A Factory Sample」に提供しました。

1979年6月にはファースト・アルバム「Unknown Pleasures」をリリース。初回プレスで1万枚を売り上げます。

1979年10月から始まった24公演のイギリスツアーではバズコックスをサポートし、メンバーは生計を立てるための仕事を辞め、バンド活動に専念します。 11月にはアルバムには収録されていないシングル「Transmission」をリリースしました。

1980年1月にヨーロッパ・ツアーをおこないました。過酷なスケジュールで、イアンはツアー中に持病てんかんの大発作を2度経験します。

3月には、セカンド・アルバム「Closer」をレコーディング。

睡眠不足と長時間の労働がたたってイアンはてんかんを悪化させ、1980年4月7日、抗てんかん薬であるフェノバルビタールの過剰摂取により自殺を図ります。

ジョイ・ディビジョンは、1980年5月に初めての北米ツアーを開始する予定でしたが、5月18日にイアンが自宅で首を吊り自殺。バンドは活動を停止し、北米ツアーもキャンセルされました。

1980年6月にはシングル「Love Will Tear Us Apart」がリリースされ、全英13位を記録。7月にはアルバム「Closer」がリリースされ、全英6位を記録しました。

イアンの死のずっと前から、「メンバーが一人でも欠けたらジョイ・ディヴィジョンの名前でバンド活動は行わない」という約束をしていて、残されたメンバーはニュー・オーダーとして活動を続けています。

ジョイ・ディヴィジョンで一番好きな曲

ジョイ・ディヴィジョンは1980年で活動を終えていて、1970年代生まれの私にとってはリアルタイムで聴けなかったバンドで、聴き始めたのは大学に入ってからでした。

ジョイ・ディヴィジョンで一番好きな曲「この1曲」は、イアンの悲劇とセットで聴いてしまう「Love Will Tear Us Apart」、大好きな繰り返し系の「Decades」、そして人気が高い「Disorder」などの名曲を差し置いて、オリジナル・アルバムには収録されていない「Dead Souls」を選曲します。

この曲2分を超えるまでヴォーカルが入りません。決してイアンが入ってくるタイミングがないわけじゃなく、これはあえて繰り返してるイントロのアンサンブルやリフがもう最高です。「They Keep Calling Me」の歌詞が印象的なイアンのヴォーカルもパワフル。そして事切れるかのような終わり方もかっこいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました