サンダーのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

日本にも馴染みの深いイギリスのハードロックバンド

ミュージシャン、バンドの曲で一番好きなものを選曲しておすすめしていく「この1曲」。

今日は、ちょっと懐かしい、サンダーを紹介します。

サンダーは1989年、イギリス・ロンドンで結成されたロックバンド。

結成時のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ダニー・ボウズ(ヴォーカル)
  • ルーク・モーリー(ギター)
  • ベン・マシューズ(ギター/キーボード)
  • マーク・スネイク・ラックハースト(ベース)
  • ゲイリー “ハリー” ジェイムス(ドラムス)

テラプレインなどのバンドで活動していたダニー・ボウズとルーク・モーリーの幼なじみ二人は、

新しいバンドを始めるため、デモテープ制作やメンバー選定に奔走します。

EMIと契約が決まる頃にはメンバーも決まり、レコーディングを開始。

1990年ファースト・アルバム「Backstreet Symphony」を発表。

イギリスでは21位に入るなど健闘。

日本でも結構プロモーションされてたと思いますし、私はデビュー当時から知っていたバンドですね。

アメリカではニルヴァーナがグランジ旋風を巻き起こしていた頃ですから、

イギリスのハードロックバンドが活躍する余地はなかったのかもしれません。

そういうこともあってか、本国イギリスとともに、日本に結構多くのファンがいて、

日本でツアーすることも多くありました。特に川崎でライブやってましたね。

ポール・ウェラーもそうですけど、このサンダーも日本(川崎)がサポートしていた感がありますね。

時代に乗り遅れた感もあるサンダーですが、アルバムはコンスタントに出ていましたし、精力的にライブ活動もやっていました。

サンダーで一番好きな曲

サンダーで一番好きな曲は、いまだにサビを歌えるキャッチーな曲。

1990年発表のファースト・アルバム「Backstreet Symphony」収録の「Dirty Love」です。

ダニーのヴォーカルがすごくパワフルでソウルフル。演奏もタイト。

最近のライブでも演奏する定番曲です。

そんなサンダーは二度の解散を経て、現在も元気に活動中。

全員白髪になりましたがまだまだ現役です。

特にダニー・ボウズのヴォーカルはいまだに衰え知らずです。

Dirty Love (2009 Remaster)

コメント

タイトルとURLをコピーしました