R.E.M.のおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

バンド名はレム睡眠のREMから

ミュージシャンやバンドの曲の中で一番好きな曲を選んで紹介していく「この1曲」。

本日はアメリカのロックバンド、R.E.M.を取り上げます。

R.E.M.は1980年にジョージア州アセンズで結成されました。

このバンド名はレム睡眠のレムから来ていて、Rapid Eye Movementの略。

結成当初のオリジナルメンバーは以下の4人組。

  • マイケル・スタイプ(ヴォーカル)
  • ピーター・バック(ギター)
  • マイク・ミルズ(ベース)
  • ビル・ベリー(ドラムス)

地元のクラブなどで地道に演奏を続け、カレッジチャートを賑わせていたR.E.M.は、

インディ・レーベルのIRSレコードと契約し、1983年にファースト・アルバム「Murmur」をリリース。

これが各方面で大絶賛をうけ、以降もIRSでリリースを続けます。

5作のオリジナル・アルバムをIRSに残し、ワーナーに移籍したのが1988年。

Green」をリリースして大ヒット。この辺りからが私のリアルタイム。

以降の「Out of Time」、「Automatic for the People」はめちゃくちゃ聴き込みました。

R.E.M.で一番好きな曲

R.E.M.はアルバムだったら一番聴き込んだのは、リアルタイムで体験した「Automatic for the People」ですが、

一番好きな曲もこの時期に聴いていた曲になっちゃいますね。

思い入れもありますし、当時の生活や空気感と共に記憶されているので強いです。

そんなわけで、1991年発表「Out of Time」収録の「Losing My Religion」を選曲します。

こんなに狭い音域でこんなに印象的な曲が書けるんだ。って当時思ってました。

高校時代から浪人時代にかけて、電車に乗りながら田園が通り過ぎるのを眺めながら、

「こんな田舎でR.E.M.を聴いてる俺ってば」なんて考えながら予備校に通ってましたね。

完全な勘違い野郎でした。

でもこの曲は電車で聴くとなんかいいんですよね。

ケミカルブラザーズの「Star Guitar」は特急って感じですが、

Losing My Religion」は各駅停車。ゆっくり走る電車の中で聴くのが心地良かったです。

R.E.M. – Losing My Religion (Official Music Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました