キース・ジャレットのおすすめ「カバーの名曲」

カバーの名曲
スポンサーリンク

今日の「カバーの名曲」はジャズ・ピアニストのキース・ジャレットがカバーした「My Back Page」を取り上げます。

ボブ・ディラン「My Back Page」

My Back Page」のオリジナルはボブ・ディランが1964年に発表した4作目のアルバム「Another Side of Bob Dylan」に収録されています。まだエレクトリックする前のアコースティック・ギター弾き語りの楽曲で、当時20代前半にしてディランは岐路に立っていたと思うのですが、歌声には迷いのかけらも感じられず、難解な歌詞を明瞭に、エモーショナルに歌い上げているのが印象的です。

Bob Dylan – My Back Pages (Audio)

この曲のカバーというとザ・バーズのフォーク・ロックバージョンが有名で、こちらもカッコいい。この後に続く多くのカバーはこのロック・アレンジが基本になっていますね。

The Byrds – My Back Pages (Audio)

また、1992年10月にニューヨークでおこなわれたディランのデビュー30周年記念コンサートでは、ディラン、ザ・バーズのロジャー・マッギン、トム・ペティ、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスンという豪華メンバーが、それぞれギターを弾きながら「My Back Page」を交代で歌いました。

My Back Pages (Bob Dylan, Roger McGuinn, Tom Petty, Neil Young, Eric Clapton & George Harrison)

意外なところではラモーンズも「My Back Page」をカバーしていて、これも、モロにラモーンズ・サウンド。2分25秒のロックンロールに凝縮されていてカッコいいです。

Ramones // My Back Pages

キース・ジャレットの演奏

キース・ジャレットが「My Back Page」をカバーしたのはキース・ジャレット・トリオ名義で1969年5月に発表したライブ・アルバム「Somewhere Before」でした。

Somewhere Before」のパーソネル

  • Keith Jarrett – piano
  • Charlie Haden – double-bass
  • Paul Motian – drums

チャーリー・ヘイデンのベース・ソロを引き継ぐかたちでキースのピアノが入ってくるのですが、キースの弾くフレーズにもう釘付けになっちゃいます。純粋にピアノの音が美しく、トリオの緊張感も凄い。録音もライブの空気感をとらえていて最高です。この演奏もザ・バーズのバージョンをもとにしていることがわかりますが、ここまでテーマを執拗なまでに繰り返すキースも珍しい。観客との距離も近いこのライブを観てみたかったですね。数多くある「My Back Page」のカバーの中でも最強の演奏だと思います。

My Back Pages
サムホエア・ビフォー
ワーナーミュージックジャパン

コメント

タイトルとURLをコピーしました