B.B.キングのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

キング・オブ・ブルース

ミュージシャンの楽曲の中で最も好きなものを選曲し、おすすめしていく「この1曲」。

今日はブルース特集4日目。B.B.キングを取り上げます。

B.B.キングは1925年にアメリカ・ミシシッピ州・イッタベーナに生まれたブルース・シンガー、ギタリスト。

1943年にテネシー州メンフィスに移り住み、いとこであり、デルタ・ブルースのシンガー、ギタリストだったブッカ・ホワイトに教わりながらギター・テクニックを磨きました。

メンフィスのラジオ局WDIAに出入りし、DJを務めるようになり、

スポンサーの飲料の名称から「The Pepticon Boy」と名乗りました。

それが、「Beale Street Blues Boy」、「Blues Boy」と移行し、最終的に「B.B.」と略されたことが名前の由来です。

1949年にナッシュビルのブレット・レコードで4曲をレコーディングし、デビューを果たします。

翌年にはロサンゼルスのモダン/RPMと契約。1951年にリリースしたシングル「3 O’clock Blues」がビルボードのR&Bチャートの1位を獲得。

これを機に、数多くのヒット曲を送り出していくことになります。

1964年には、後に多くのアーティストが取り上げるスタンダード・ナンバーとなった「Rock Me Baby」をリリース。

1970年には「The Thrill Is Gone」がグラミー賞を受賞します。

1980年代以降はリリースは少なくなりましたが、その分、テレビのショーへの出演や、

ライブ活動に力を入れ、ライブは年間300回にも達していたこともあったようです。

ロック系ミュージシャンとの共演も増えていき、

1988年にはU2と「When Love Comes To Town」で共演し大ヒット。

1993年には多くのブルース・ミュージシャンをゲストに迎えたアルバム「Blues Summit」を発表し、このアルバムでグラミー賞を受賞しました。

1997年のアルバム「Deuces Wild」にはヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、ローリング・ストーンズ、ウィリー・ネルソンなど、B.B.キングを慕うアーティストが参加。

そして、2000年にはエリック・クラプトンと共演し「Riding With the King」をリリースしました。

B.B.キングで一番好きな曲

私が初めてB.B.キングを聴いたのは高校時代。

昨日紹介したロバート・ジョンソンはギターがヴォーカルと絡み合っていましたが、

B.B.キングの場合はギターとヴォーカルが交互に鳴っていて、

愛器「ルシール」と会話しているような曲が特徴的。

テクニカルなギターにもびっくりしましたが、

ゴスペルをベースとしたヴォーカルがど迫力で、音圧に圧倒されました。

そんなB.B.キングの中で一番好きな曲は「The Thrill Is Gone」を選曲します。

泣きのギター、ヴォーカル。それが映えるメロディ。B.B.キングのためにあるような曲。

他には真似できない曲だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました