レーナード・スキナードのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

サザンロックの雄

ミュージシャン、バンドの最高の1曲を選曲して紹介していく「この1曲」。

今日はレーナード・スキナードです。

レーナード・スキナードは1964年に結成されたアメリカのロック・バンド。

サザンロックの代表格として知られていますね。

下積みが長く、ずっと地元のフロリダ州・ジャクソンビルを拠点に演奏してきた彼らは、

1970年代に入って活動範囲を南部全域にまでのばし、

1973年にメジャー・デビューとなる「Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd(邦題:レーナード・スキナード)」をリリース。

この原題がおかしくて、普通は読めない「LYNYRD SKYNYRD」をどう発音するか説明しているのがアルバム・タイトルと認識されているんですよね。

現代ならあり得ない。今ならロゴだけ表示して、発音の仕方はネットで説明でしょう。

アル・クーパーがプロデュースしたこのアルバムは徐々にアメリカに浸透していき、

1975年にはビルボードで最高位27位を記録。1987年にはダブル・プラチナに認定されています。

デビュー当時のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ロニー・ヴァン・ザント(ヴォーカル)
  • ゲイリー・ロッシントン(ギター)
  • アレン・コリンズ(ギター)
  • ビリー・パウエル(キーボード)
  • エド・キング(ベース、ギター)
  • レオン・ウィルクソン(ベース)
  • ボブ・バーンズ(ドラムス)

レーナード・スキナードといえば、カントリーやブルースに影響を受けたサザン・ロック・サウンドと、

さすが叩き上げという感じの演奏力の高さ、特にトリプルギターのハーモニーが特徴。

ライブバンドとしての実力を遺憾無く発揮しながら、アルバムもコンスタントに発表し、

サザン・ロックの時流にも乗って順風満帆に活動していましたが、

1977年、飛行機事故によりヴォーカルのロニー・ヴァン・ザントをはじめ3名のメンバーが亡くなり、バンドは解散してしまいます。

その後、残されたメンバーを中心に再結成。

メンバーを入れ替えながら、現在も精力的なライブ活動を行っています。

レーナード・スキナードで一番好きな曲

レーナード・スキナードで一番好きな曲には「Free Bird」を選曲します。

私のこの曲との出会いは少し変わっているかもしれませんが、プロレスです。

まだ小学生だった1980年代初頭、アメリカのプロレスをテレビで観ていた私。

当時、一世風靡していたタッグチーム「ファビュラス・フリーバーズ」の入場曲として、

「Free Bird」が使われていました。

妙にスライドギターの不思議な音色を気に入ったんです。

この曲がレーナード・スキナードの曲だと知るのは随分あとのこと。

でも聴いた瞬間、「あ、あの曲だ」ってわかりましたもんね。

あの音色はそれほど耳に残るフレーズだったわけです。

今でもこの曲を聴くとスライドギターにやられてしまいます。

そして、マイケル・ヘイズとテリー・ゴディもセットで思い出しちゃいますね。

Lynyrd Skynyrd – Freebird – 7/2/1977 – Oakland Coliseum Stadium (Official)

コメント

タイトルとURLをコピーしました