ルー・リードのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

商業的な成功への執着と解放

ミュージシャンごとに一番好きな曲を選んで紹介していく「この1曲」。

今日は、ルー・リードです。

以前にヴェルヴェット・アンダーグラウンドの記事を書きましたが、今回はソロで。

ルー・リードは、1942年アメリカ・ニューヨーク生まれのミュージシャン。

1970年にアルバム「Loaded」制作中から精神を病んでいたルー・リードはツアー中にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退。

その後は、ソロ活動を開始し、1972年「Lou Reed(ロックの幻想)」をリリースしてデビューします。

そして同年(!)代表作となるセカンド・アルバム「Transformer」を発表。

ファースト・アルバムが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の曲ということを差し置いても、

セカンド・アルバムまでの期間は7カ月。このあたりもこの時代ならではですね。

この「Transformer」はデヴィッド・ボウイとミック・ロンソンがプロデュースを担当し、

ルー・リードの魅力を存分に引き出したアルバムで、さすがデヴィッド・ボウイ。

ヴェルヴェッツのファンだっただけに、ルー・リードの良さを知っていますね。

商業的にもビルボードのアルバムチャートで29位の大成功。

いままで売れることにプレッシャーを感じ、執着もしていたように見えるルー・リードが、

このアルバムの成功でその呪縛から解放され、実験的なコンセプト・アルバム「Berlin」につながって行きます。

ルー・リードで一番好きな曲

ルー・リードで一番好きな曲を選ぶとすれば、「Perfect Day」とどっちにするか迷いますが、

やはり「Transformer」収録の「Walk on the Wild Side(ワイルド・サイドを歩け)」になります。

2013年に亡くなってしまったルー・リードですが、亡くなった日はこの曲を何度リピートしたでしょう。

目の前で歌ってくれているようなささやくヴォーカルがヘッドフォンを通してダイレクトに聴こえてきて、

なんか耳元で説教でもされているようで、何度も、何度も聴きました。

その後も、「何か守りに入ってないか?危ないとこ行けよ」と言われてるようで、

ことあるごとに引っ張り出して聴いている。そんな曲です。

トランスフォーマー
ソニーミュージックエンタテインメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました