マディ・ウォーターズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

シカゴ・ブルースの父

ミュージシャンの楽曲の中で、一番好きな曲を選び紹介する「この1曲」。

今日はマディ・ウォーターズを取り上げます。

マディ・ウォーターズは1913年アメリカ・ミシシッピ州生まれのブルース・シンガー、ギタリスト。

シカゴで活動し、バンド・スタイルのブルースを演奏。シカゴ・ブルースを形成したことから、「シカゴ・ブルースの父」と呼ばれ、ブルースの第一人者となりました。

ロック界からのリスペクトも多く、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ザ・バンドなど、影響を受けたミュージシャンは枚挙にいとまがありません。

マディ・ウォーターズはミシシッピ時代の1941年に初めてのレコーディングを経験し、

1943年にプロのミュージシャンを目指してシカゴに移ります。

日中はトラックの運転手や工場で働いて、夜はクラブで演奏する日々を送り、

1946年にはコロムビアでレコーディングをしています。

その後も「Gypsy Woman」、「Little Anna Mae」、「Rollin’ Stone」などの曲をリリースし、

クラブでは人気が高まっていきます。

この頃はまだバンドでの演奏ではなく、ピアノとベースをバックに演奏していました。

バンド・スタイルで演奏し始めるのは1953年からで、

歴史で最も評価の高いブルース・グループの1つとも言える、

リトル・ウォルター(ハーモニカ)、ジミー・ロジャース(ギター)、エルガ・エドモンズ(ドラムス)、オーティス・スパン(ピアノ)という陣容でした。

バンドは1950年代初頭の一連のブルース・クラシックを録音。

その中には、ベーシスト兼ソングライターのウィリー・ディクスンが参加した、

Hoochie Coochie Man」、「I Just Want to Make Love to You」、「I’m Ready」などがありました。

その後も「Mannish Boy」や「Close to You」などヒット曲を次々にリリースし、

1958年には所属していたチェス・レコードは12枚のシングルを集めた最初のコンピレーション・アルバム「Best of Muddy Waters」を発表します。

1960年代に入るとフォーク・ブームに乗った「Folk Singer」や、

サイケデリックな「Electric Mud」など意欲的なアルバムを数多くリリースします。

1970年代にはさらにロックへ傾倒していき、ザ・バンドや、ポール・バターフィールド、ジョニー・ウィンターとコラボレーションしています。

1983年に癌で亡くなるまで多くの作品を残しました。

マディ・ウォーターズで一番好きな曲

私がマディ・ウォーターズを聴き始めたのは高校時代。

ローリング・ストーンズのバンド名がマディ・ウォーターズの「Rollin’ Stone」から来ているのを知って、

音楽的にも影響を受けていることを知って、ブルースを聴き始めました。

マディ・ウォーターズはヴォーカルの迫力はもちろんのこと、バンドとしての音の厚みがすごいと思いました。

全ての楽器がユニゾンする豪快なサウンドに衝撃を受けました。

私が選ぶマディ・ウォーターズの「この1曲」は「Mannish Boy」です。

数々のライブ音源も残されていますが、この曲はライブ受けもめちゃくちゃ良かったでしょうね。

みんなで「イェーー」って言いたいですもんね。

Muddy Waters – Mannish Boy (Audio)

コメント

タイトルとURLをコピーしました