マッシヴ・アタックのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

緻密に組み上げられた完成度の高いエレクトロニカ

ミュージシャンの最高の1曲を選んで紹介する「この1曲」。

本日はマッシヴ・アタックを選んでみます。

マッシヴ・アタックは1988年から活動を続けるイギリス・ブリストル出身の音楽ユニットです。

結成当初のメンバーは、グラント・マーシャル(ダディ・G)、ロバート・デル・ナジャ(3D)、アンドリュー・ヴォウルズ(マッシュルーム)の3人。

1988年にシングル「Any Love」をリリースしてデビューを果たします。

彼らの特徴はヒップホップやレゲエ、ソウル、ジャズ、ロックなどを取り入れた音楽性

ジャンルはエレクトロニカの範疇と言えるけれど、重く、繊細で、時に暴力的で、神々しい

緻密に組み上げられたサウンドの完成度が圧倒的です。

多くのエレクトロニカやダンス・ミュージックのグループが踊れる曲を意図して制作しているところを、

マッシヴ・アタックはそこを目的に曲作りをしていないと思われます。

決して踊らせないわけではないですが、二の次な感じ。

踊れる音楽をミックスしてるのに、腰ではなく、頭で聴く音楽なんですよ。

クラブよりも家で一人で聴く音楽。私はそう捉えていますし、実際そうしてきましたね。

マッシヴ・アタックで一番好きな曲

長い活動期間のなかで、これまでオリジナル・アルバムは5作。

かなり長いブランクを空けるマッシヴ・アタックですが、

リリースされたアルバムは全て完成度が高く、どれも必聴盤だと思います。

ほんとハズレなしですね。

一番好きな曲となると迷うのですが、

マッシヴ・アタックの特徴として、女性ヴォーカリストとのコラボが秀逸だと思うんです。

「Unfinished Sympathy」しかり、「Teardrop」、「Protection」、「Angel」と、名曲揃い。

私が選ぶ曲もそんな女性ヴォーカルが印象的な曲。

2003年発表の4作目「100th Window」収録の「What Your Soul Sings」を選曲します。

印象的なヴォーカルはシネイド・オコナー。この表現力はさすがとしか言えないです。

ウィスパーヴォイスでここまで美しく、表現力豊かに歌えるのはすごい。

そして歌を支える音も、緻密で繊細。浮遊感がヴォーカルを引き立たせています。

このアルバムは、マッシュルームが脱退し、ダディ・Gも育児休暇ということで、

3Dが一人で作り上げたと言っていい作品。

前作の「Mezzanine」の方向性をさらにおし進めた内容となっています。

一人で作ったとはいえ、やはりこのアルバムも傑作。

私はこのアルバムを一番聴き込んだと思います。

次までが長くて7年待ったからというのもある。笑。

最近ではバンクシーの正体とも噂される3Dですが、もし本当にそうなら、驚愕ですね。

10月には来日公演を行うマッシヴ・アタック。

それはそれで嬉しいけど、新作はいつになるんでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました