ベル・アンド・セバスチャンのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

セルフ・プロデュースがうまいバンド

ミュージシャン、バンドのおすすめの曲を1曲だけ選んで紹介する「この1曲」。

今日はベル・アンド・セバスチャンを紹介します。

スコットランド・グラスゴーで1996年に結成されたベル・アンド・セバスチャンは、

その年にファーストアルバム「Tiger Milk」を1000枚限定でリリース。

このアルバム、大学の課題で制作されたそうですが、完成度も高く、すぐに話題に。

すぐさま取りかかったセカンド・アルバム「If You’re Feeling Sinister(天使のため息)」を1997年に、

そのまた1年後の1998年、サード・アルバム「The Boy with the Arab Strap」をリリース。

バンドは新しいメンバーも加入し、軌道に乗ります。

当時のメンバーは、以下の通り。

  • スチュアート・マードック(ヴォーカル、ギター、キーボード)
  • スチュアート・デヴィッド(ベース、ヴォーカル)
  • イゾベル・キャンベル(チェロ、ヴォーカル)
  • スティーヴィー・ジャクソン(ギター、ヴォーカル)
  • リチャード・コルバーン(ドラム)
  • クリス・ゲッズ(キーボード)
  • サラ・マーティン(ヴァイオリン、ヴォーカル、キーボード、ギター)
  • ミック・クック(トランペット)

彼らの音楽はリラックスした自然体の音と洗練されたメロディ、適材適所の音の配置が特徴的。

目新しいこと何もやってないのに、すごく斬新でセルフ・プロデュースがうまい。

セルフ・プロデュースといえば、アルバムジャケットも触れとかないといけないですね。

ジャケットも彼らのイメージ戦略にかなり影響を与えていると思うんですけど、

ダブルトーンの手法を用いたモノクロ写真が美しいです。彼らのイメージとぴったりだと思います。

カラーはブルーグレー、赤、緑、イエローグレーと続き、このあたりもどこまで戦略練っていたんでしょうか。

あと、最初まだよく知らない頃は、「ベルって?セバスチャンって?で、この写真誰?」という「誰?」ツッコミが絶対入りましたね。

ベルセバで一番好きな曲

私が思い入れのあるアルバムは4作目の「Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant(わたしのなかの悪魔)」。

2000年に発売されたこのアルバムをかなり聴き込んだ覚えがあります。

ちょうどレディオヘッド「KID A」と同じ頃にリリースされて、

「KID A」は家で、ベルセバは通勤という感じで聴いてましたね。

通勤にちょうど良いんですよね。気持ちよく仕事に行けて、帰ってこられる。

あと、秋に発売されたのがよかったですね。季節にすごくマッチするんですよ。

そして私が選ぶベルセバの一番好きな曲ですけど、

これもこのアルバムから「The Model」を選曲します。

美しいメロディ、心地よいヴォーカル、ピアノ、そして複雑なラインのベース、その他の楽器も適材適所

とっても気持ちいい曲で、通勤には最適。

2001年の来日公演も行きましたが、この曲よかったですね。よく覚えています。

このアルバムを最後にスチュアート・デヴィッドが、

そしてのちにイゾベル・キャンベルが脱退してしまいますが、

この二人がいたころ、マードック、デヴィッド、イゾベルが三人揃ったサウンドが最高だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました