ブラーのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ブリットポップ以降も好き

ミュージシャンごとの最高の1曲を選曲しておすすめしていく「この1曲」。

今日はブラーを取り上げます。

ブラーは1989年にイギリス・ロンドンで結成されたロックバンド。

メンバーと担当楽器は以下のとおり。

  • デーモン・アルバーン(ヴォーカル、キーボード、ギター)
  • グレアム・コクソン(ギター、ヴォーカル、コーラス、サックス、ドラムス)
  • アレックス・ジェームス(ベース、ウッドベース)
  • デイヴ・ロウントゥリー(ドラムス、パーカッション、サブヴォーカル)

1990年代のブリットポップ・ムーヴメントはブラー無くしては語れないですが、

私はブームが終焉したあとに、よりブラーのことが好きになりました。

ブリットポップに別れを告げた5枚目の「ブラー」、6枚目の「13」はほんとによく聴いてましたね。

なかでも「13」は、それまでギャラガー兄弟とやりあってたブラーがなんか大人になったというか、

音楽的に一皮剥けた感があって、いいアルバム作ったなーと、

キャリアをずっと観てきた世代の私は感慨に浸ったものです。

フジロックフェスティバル1999

ブラーのライブは1999年のフジロックフェスティバルで体験しました。

あの時は究極の選択を迫られたのをよく覚えています。

グリーンステージのトリがブラーでホワイトステージのトリがジョンスペ。

ジョンスペを観るためにはグリーンステージのケミカルブラザーズを途中で切り上げて、

ホワイトステージまで移動しなくちゃいけなかった。

それで私はグリーンステージに残り、ブラーを観ることにしましたが、

できれば両方観たかったですね。

この日のブラーは最高でした。「13」リリース後でしたが、

「Park Life」、「Song2」、「Girls and Boys」とセットリストは名曲揃い

そりゃあもう大盛り上がりでした。

ブラーで一番好きな曲

ブラーで一番好きな曲は「13」収録の「Tender」を選曲します。

「13」を象徴するような曲ですが、これがよくできた曲で、

デーモンだけが歌うんじゃなくて、グレアムのパートも入っていて掛け合いがいい。

ゴスペルにアプローチしたコーラスも荘厳な感じでこの曲を引き上げています。

そして何よりオーディエンスが歌えて楽しい。

フジロックでも大合唱でしたし、一緒に歌いたい曲ですね。

今もセットリストには必ず入る曲ですし、この曲はブラーのアンセムになりましたね。

13(紙ジャケット仕様)
ワーナーミュージックジャパン
Blur – Tender

コメント

タイトルとURLをコピーしました