フィル・コリンズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

世界で一番忙しい男

おすすめのミュージシャンの楽曲の中で一番好きなものを選択して紹介する「この1曲」。

今日はフィル・コリンズを取り上げます。

フィル・コリンズは1951年、イギリス・ロンドン生まれのシンガー、ソングライター、ドラマー。

5歳のころからドラムを演奏し、演劇学校も修了したため、子役としても活躍しました。

その後、音楽のキャリアを追求し、1970年にドラマーとしてジェネシスに加わりました。

ジェネシスではアルバムやライブでドラムとともにヴォーカルを担当し、

1975年、ピーター・ガブリエルの脱退後、アルバム「A Trick of the Tail」のレコーディング中にリードシンガーとなります。

シンガーとなってからは「Turn It On Again」、「Abacab」「Invisible Touch」など多くのヒット曲を生み出しました。

1980年代にソロ活動を開始し、1981年にファースト・アルバム「Face Value(邦題:夜の囁き)」をリリース。

これが全英1位、全米7位の大ヒットを記録。

その後も1982年「Hello, I Must Be Going!」が全英2位、全米8位、

1985年「No Jacket Required」が全英1位、全米1位、

1989年「… But Seriously」が全英1位、全米1位と大ヒットアルバムを連発。

80年代以降で最も成功したポップ、アダルト・コンテンポラリー・シンガーの1人」となりました。

一方でロバート・プラントやエリック・クラプトンのアルバムに参加するなど、

基本的に来た仕事を断らないということで、「世界で一番忙しい男」と呼ばれました。

フィル・コリンズで一番好きな曲

私はジェネシス時代よりもソロがリアルタイムで、初めて買ったアルバムは「… But Seriously」でした。

このあたりのフィル・コリンズのアルバムはとても完成度が高く、

特にこの「… But Seriously」は最高傑作といっていいんじゃないでしょうか。

フィル・コリンズの「この1曲」も多くの候補があがりました。

I Wish It Would Rain Down」、「Something Happened On The Way To Heaven」、「Against All Odds」、「One More Night」、「True Colors」などなど。

しかし、一番となるとやっぱりこれでしょう。1989年発表のアルバム「… But Seriously」に収録の「Another Day In Paradise」を選曲します。

さわやかでポップな曲を追求していたフィル・コリンズがホームレス、貧困といった社会問題に目を向け、制作された曲。

いつもどおりの透き通ったヴォーカルが切ないメロディを引き立てています。

Phil Collins – Another Day In Paradise (Official Music Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました