パーシー・スレッジのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

男が女を愛する時

おすすめのミュージシャンの最高の1曲を選んで紹介していく「この1曲」。

今日はパーシー・スレッジを取り上げます。

パーシー・スレッジは1941年アメリカ・アラバマ州レイトン生まれのソウル・シンガー。

地元のレイトンで農業に従事したのちに、アラバマ州シェフィールドの病院で看護師として働いていました。

1960年代半ばまでは平日は病院で働き、週末にはザ・エクスワイアーズ・コンボの一員として南東部をツアーしていました。

レコード・プロデューサーのクイン・アイヴィーとの縁でアトランティック・レコードと契約し、1966年にシングル「When a Man Loves a Woman(邦題:男が女を愛する時)」をリリース。

この曲がビルボードのR&Bシングル・チャートとホット100の両方で1位を獲得する大ヒットを記録し、

アトランティック・レコードのシングルとしては初めてとなるゴールドディスクを獲得しました。

イギリスでは2度ヒットしていて、1966年に4位になり、1987年に2位となっています。

ソウルアンセムとも言えるこの曲はキャリアの基礎となり、

Warm and Tender Love」、「It Tears Me Up」、「Take Time to Know Her」、「Love Me Tender」、「Cover Me」とヒットを続けました。

また、「When a Man Loves a Woman」を収録したアルバム「When a Man Loves a Woman」(1966年)は、

R&Bアルバム・チャートで2位、総合チャートで37位を獲得しました。

1970年代には「I’ll Be Your Everything」と「Sunshine」がチャートに入り、

また、オランダ、ドイツ、アフリカ大陸など、世界中でコンサートをおこないました。

特に南アフリカでは年間平均100回のコンサートをおこなうなど大人気でした。

80年代以降はリリースの頻度を落としますが、1995年にはスティーヴ・クロッパーやボビー・ウーマックがゲスト参加したアルバム「Blue Night」を発表し、健在ぶりを示しました。

2015年に肝癌のため死去。73歳でした。

パーシー・スレッジで一番好きな曲

私がパーシー・スレッジに出会ったのは高校生のころ。

スタックス周辺を聴いていた私に、予備校同級生のシブい趣味の女の子が「これ聴いたことある?」と渡してくれたのがパーシー・スレッジのベストでした。

私は全く知らなかったのですが、家に帰って聴いてみると、「ああ、これね!」という感じでした。

もちろんその時聴いていた曲が「When a Man Loves a Woman」。

私が選ぶ「この1曲」です。

パーシー・スレッジを知らずとも、この曲を知らないわけがないくらいの有名曲ですね。

もう出だしでノックアウトです。高い声、すごい声量。音圧が直接心に届きます。

他のミュージシャンのカバーも多く、

マイケル・ボルトン、ベット・ミドラー、スペンサー・デイヴィス・グループ、レオン・ラッセル、アーロン・ネヴィル、ナタリー・コール、ウェス・モンゴメリーなどが取り上げています。

1曲だけとなるとこの曲になっちゃいますが、「Warm and Tender Love」や、「Take Time to Know Her」など特にバラードで名曲の多いパーシー・スレッジですね。

Percy Sledge – When A Man Loves A Woman (Live)

コメント

タイトルとURLをコピーしました