パティ・スミスのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

パンクの女王

ミュージシャンの曲の中で一番好きな曲を選んで紹介する「この1曲」。

今日はパティ・スミスです。

パティ・スミスは1946年生まれのアメリカのシンガー、詩人です。

シカゴで生まれ、ニュージャージーで育ったパティは1967年にニューヨークに移ります。

知り合いの住所を訪れたが、そこに知人はおらず、

その住居に偶然入居していた、大学で美術を学ぶロバート・メイプルソープと出会い、同居することに。

最初はボブ・ディランやランボーのような彼女の憧れのスターの愛人になるためにニューヨークに来たパティは、

メイプルソープや、周辺の友人と交流することで、彼女自身が表現者になることを志します。

そして、現在もバンドのメンバーである、レニー・ケイと出会い、

詩の朗読のバックでギターを演奏するスタイルで活動を開始。

そこにキーボード、ドラムス、ベースが加わり、5人組のバンドでの活動となります。

そして、1975年、パティ・スミス29歳の時にファースト・アルバム「Hoses」をリリース。

元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルをプロデューサーに迎え、

ジャケット写真はメイプルソープが撮影。

パティの端正な顔立ち、まっすぐで意志の強さと穏やかさが同居する表情。素晴らしいです。

この写真も手伝って、「Hoses」は話題となり、

パティ・スミスはパンクの女王と呼ばれるまでになります。

その後、元MC5のフレッド・スミスとの結婚、出産での休業を経て、復帰。

フレッドの死を乗り越えつつ、現在も精力的に活動しています。

パティ・スミスで一番好きな曲

パティで一番好きな曲は、もう、「Gloria」でしょう。

リチャード・ソールのピアノから静かに始まるこの曲は、どんどん加速していくドライブ感がたまらないです。

パティのヴォーカルは最初は低い声でポエトリー・リーディングと言っていいですが、

曲が進んでいくと高音になり、トム・ヴァーレインのような感じのスタイルに変わっていきます。

一時期は付き合っていた二人。トム・ヴァーレインはこのアルバムにも参加していますが、この親和性はちょっと面白いですよね。

この曲で思い出深いのは2001年のフジ・ロックです。

アンコールかなと思っていた「Gloria」が最初に演奏され度肝を抜かれました。

また、フジ・ロックの環境がいいですよ。オーディエンスも最高だった。

みんなで「グローーーリア!」って叫んで盛り上がって、

パティもノリノリで。すごく楽しかった思い出です。

クイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしましたが、

ロバート・メイプルソープとパティ・スミスの物語も映画になる題材だと思うんですけど、どうでしょう?

Patti Smith – Gloria (Audio)

コメント

タイトルとURLをコピーしました