トーキング・ヘッズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

ニューヨーク・パンクの中でも異端のバンド

ミュージシャンやバンドの曲の中で最も好きなものを1曲だけ選び紹介していく「この1曲」。

今日はトーキング・ヘッズを取り上げます。

トーキング・ヘッズは1975年にアメリカ・ニューヨークで結成されたロックバンド。

デビュー当時のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • デヴィッド・バーン (ヴォーカル、ギター)
  • クリス・フランツ (ドラムス、パーカッション)
  • ティナ・ウェイマス (ベース)
  • ジェリー・ハリスン (キーボード、ギター)

美術学校で学んでいたデヴィッド・バーン、クリス・フランツ、ティナ・ウェイマスの3人で結成し、

のちにジェリー・ハリスンが加わりました。

バンドとしての初めてのライブはCBGBサマーフェスティバルで、

以降、ラモーンズやブロンディなどと共にニューヨークの伝説的なライブハウスCBGBの常連となります。

1977年にサイア・レコーズからファースト・アルバム「Talking Heads: 77」をリリースしてデビュー。

商業的には成功しませんでしたが、音楽業界内で高い評価を得て、

ニュー・ウェイヴ、ニューヨーク・パンクのバンドの一つとしての地位を築きます。

勢いだけで押していく感じでなく、どこか知的で、オリジナリティに溢れる楽曲が魅力ですね。

このファースト・アルバムに目をつけたのがブライアン・イーノで、

1978年にイーノのプロデュースの元、セカンド・アルバム「More Songs」をリリース。

以降、1979年「Fear of Music」、1980年「Remain in Light」を立て続けに発表。

特に「Remain in Light」は80年代の名盤として語り継がれる代表作となりました。

その後はドキュメンタリー映画「Stop Making Sense」が大きな反響を呼ぶなど第一線で活動しますが、

徐々にそれぞれがソロ活動に重きを置きだし、音楽性の相違も顕在化。

1991年にバンドは解散してしまします。

トーキング・ヘッズで一番好きな曲

私は浪人時代の19歳でトーキング・ヘッズに出会いました。

最初に聴いたのはファースト・アルバムでしたが、同じくらい聴き込んだのが「Remain in Light」でした。

大きく音楽性は異なりますが、ほぼ同時期に聴いているのでそこまで違和感はなく、

そういうモノとして聴いた記憶が残ります。

一番好きなアルバムというと「Remain in Light」かもしれません。

一番好きな曲となるとやはりこの曲はキラー・チューンだと思いますね。

ファースト・アルバム「Talking Heads: 77」収録の「Psycho Killer」を選びます。

デヴィッド・バーンの特徴的なヴォーカルはもちろんですが、

暴力的にも感じるリズム隊、全体を覆う空気感が普通じゃない。

中盤のドラムス、ベース、ギターのカッティングが同調するところとか大好き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました