スペンサー・デイヴィス・グループのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

スティーヴ・ウィンウッドの原点

ミュージシャン、バンドの曲で最も好きな曲を選び、紹介する「この1曲」。

本日は、スペンサー・デイヴィス・グループです。

スペンサー・デイヴィス・グループは、1963年イギリス・バーミンガムで結成されたロックバンド。

オリジナルメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • スペンサー・デイヴィス(ギター、ヴォーカル)
  • スティーヴ・ウィンウッド(ピアノ、リード・ギター、オルガン、ヴォーカル)
  • マフ・ウィンウッド(ベース)
  • ピート・ヨーク(ドラムス)

スペンサー・デイヴィス・グループはウェールズ出身のギタリスト、スペンサー・デイヴィスが当時14歳のスティーヴ・ウィンウッドと出会ったことがきっかけで結成されました。

1964年にアイランド・レコードと契約。同年にシングル「Dimples」をリリースしデビュー。

1965年にアルバムも発表。オリジナルは少なく、ほとんどがR&Bなどのカバーが収められているものでしたがUKアルバムチャートで6位を獲得。

Keep on Running」、「Somebody Help Me」、「When I Come Home」と、

シングルをアメリカでもリリースし、徐々に知名度を上げたグループが、

脚光を浴びるのが次のシングル2作。

Gimme Some Lovin’」と「I’m a Man」はどちらも100万部を売り上げ、ゴールド・レコードを獲得し一気に人気グループとなります。

しかし、1967年にスティーヴ・ウィンウッドとマフ・ウィンウッドの兄弟が脱退。

スティーヴ・ウィンウッドはトラフィックを結成することになります。

この脱退はグループには致命的で、バンドの活動は行き詰まってしまいました。

まだ10代のスティーヴ・ウィンウッドでしたが、その才能は素晴らしく、

自分が中心になって活動したいと思うのは当然だったと思います。

一方のスペンサー・デイヴィスは70年代からジャズのプロデュースなどを手掛けながら、

メンバーを変えつつグループを何度か再結成。その活動は現在も続いています。

スペンサー・デイヴィス・グループで一番好きな曲

私がスペンサー・デイヴィス・グループを初めて聴いたのは高校時代だったと思います。

スティーヴ・ウィンウッドのソロやブラインド・フェイスからさかのぼる形でベスト盤を聴きました。

まあ、やっぱりスティーヴ・ウィンウッドを聴く目的という人が多いと思いますが、

スペンサー・デイヴィスのヴォーカルもなかなか良いんですよね。

さて、一番好きな曲ですが、やっぱり「Gimme Some Lovin’」ですね。

一聴して黒人?かと思うソウルフルなヴォーカルがティーンの白人から発せられているとは本当に信じがたい

オルガンのプレイも最高。ライブで聴きたい1曲です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました