ジェットのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

オーストラリアのガレージロック・リヴァイヴァル・バンド

ミュージシャンやバンドごとの一番好きな曲を選択、紹介していく「この1曲」。

今日はジェットの「この1曲」。

ジェットは2001年、オーストラリア・ビクトリア州・メルボルンで結成されたロックバンド。

デビュー当時のメンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ニック・セスター(ギター、ヴォーカル)
  • クリス・セスター(ドラムス、ヴォーカル)
  • キャメロン・マンシー(ギター、ヴォーカル)
  • マーク・ウィルソン(ベース)

ニック・セスターとクリス・セスターの兄弟は、父親のクラシック・ロック・レコードを聴きながら育ち、2001年にバンドを結成。

ジェット(JET)というバンド名はフェスの広告に出てくる時に、大きく太く印刷されるような短い名前にしたかったためだそう。

2002年、マーク・ウィルソンが加入し現在のラインナップが完成。初のEP「Dirty Sweet EP」をリリースします。

ジェットはロサンゼルスのサンセット・サウンド・スタジオに入り、デビュー・アルバム「Get Born」を制作。

うち2曲はキーボードにビリー・プレストンを起用しました。

アルバムからの先行シングル「Are You Gonna Be My Girl」はアメリカ・ビルボードHOT100で29位、イギリスのシングルチャートでは16位を獲得します。

この成功もあって、アルバム「Get Born」はアメリカで26位、イギリスで14位、そして本国のオーストラリアでは1位を記録。全世界で400万枚をセールスする大ヒットとなりました。

2006年セカンド・アルバム「Shine On」をリリース。アメリカで16位、イギリスで13位、オーストラリアで3位を獲得するものの、セールス面では「Get Born」ほどの成功を収めるには至りませんでした。

2009年にサード・アルバム「Shaka Rock」をリリースしますが、2012年に公式Webサイトで解散を発表します。

その後はメンバーそれぞれの活動をおこないますが、2016年に再結成。

2017年にはフジロックフェスティバルに出演、2018年には日本でツアーをおこなうなど、現在も活動中です。

ジェットで一番好きな曲

ジェットも昨日のハイヴス同様、ガレージロック・リヴァイヴァル・バンドのひとつとして出てきたバンド。

当時からアップルのCM曲に使われるなど、日本でも知名度は高かったように思います。

そんなジェットの「この1曲」はやはりこの曲しかありません。

ファースト・アルバム「Get Born」収録の「Are You Gonna Be My Girl」です。

イギー・ポップの「Lust For Life」に似ているという指摘は置いておいて、この曲のキャッチーなリフ、メロディ、そして何より疾走感が魅力でした。

ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトもそうですけど、ニックのヴォーカルってちょっとメタルっぽいんですよね。

こういうヴォーカルも私が根っから好きなツボだったりします。

Jet – Are You Gonna Be My Girl

コメント

タイトルとURLをコピーしました