ザ・ストゥージズのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

60年代のガレージロックを代表するバンド

お気に入りのミュージシャンの楽曲の中で一番好きなものを選んで紹介していく「この1曲」。

今日は60年代のガレージロックを代表するバンド、ザ・ストゥージズをとりあげます。

ザ・ストゥージズ は1967年にアメリカ・ミシガン州で結成されたロック・バンド。

デビュー当初のメンバー、担当楽器は以下の通り。

  • イギー・ポップ(ヴォーカル)
  • ロン・アシュトン(ギター)
  • デイヴ・アレクサンダー(ベース)
  • スコット・アシュトン(ドラムス)

1969年エレクトラ・レコードからファースト・アルバム「The Stooges」をリリース。ビルボード200で106位とセールスは振るわず、ほとんどの批評家からの評価も低い結果となります。

1970年には、サックス奏者のスティーヴ・マッケイを加えたセカンド・アルバム「Fun House」がリリースされました。しかしこのアルバムも批評家や一般からは不評でした。

デイヴ・アレクサンダーは1970年8月、出演時に酔っ払って演奏できずに解雇され、ローディのビル・チーサムを加入させます。

この頃までには、ロン・アシュトンを除くメンバー全員がヘロインのヘヴィー・ユーザーとなっていました。

バンドのパフォーマンスはさらに予測不可能なものとなり、イギーはステージに立つことが困難になることもありました。

エレクトラはすぐにストゥージズとの契約を切り、バンドは活動休止となります。

1971年9月7日、イギーはデヴィッド・ボウイと出会い、2人はすぐに親しくなりました。イギーはボウイの勧めでメインマンとマネージメント契約を結び、数ヶ月後、CBS/コロンビア・レコードと2枚のアルバムのレコーディング契約を結びました。

1973年、イギー&ザ・ストゥージズ名義でサード・アルバム「Raw Power」をリリース。当時、このアルバムはボウイのミックスが悪いという批判に直面。アルバムの売れ行きはかなり悪く、リリース時には商業的にも失敗とみなされていましたが、「Raw Power」は初期のパンク・ロッカーたちの間で認知されるようになっていきました。

アルバムの売り上げの悪さ、イギーの絶え間ないヘロイン中毒とステージ外での不規則な行動が原因となり、ツアーの途中でコロンビアはレコード契約を解除。

1974年2月にストゥージズは解散。その後イギーはソロ活動を展開していきます。

ストゥージズ は2003年に再結成し、オリジナルアルバムも2枚制作しますが、次々とメンバーが亡くなり現在は活動休止状態です。

ザ・ストゥージズ で一番好きな曲

ストゥージズはアルバムの数は少ないですけど、好きな曲は多くて、好き度合いも同じくらい。迷うんですよ。

候補としては「No Fun」、「Dirt」、「1970」、「Raw Power」、「Search And Destroy」などなど。結構あります。

それで選んだのはファースト・アルバム「The Stooges」収録の「I Wanna Be Your Dog」を選曲します。

ノイジーで歪んだギターが奏でるG、F♯、Eの3和音だけで構成されたリフ、ワイルドなイギーのヴォーカル、そしてずっと鳴らされるピアノの単音などワルい音で大好きです。

YouTubeのコメントに「クリスマス・ソングがワルくなったような音」というのがあって、なるほどその通りって思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました