キャロル・キングのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

「つづれおり」はマストアイテム

ミュージシャンごとに1番好きな曲を選んで紹介していく「この1曲」。

今日はキャロル・キングです。

キャロル・キングは1942年アメリカ・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライターです。

1958年に15歳で歌手としてデビューしましたが、

失敗が続き、初期の歌手としてのキャリアは不遇なものでした。

60年代はソングライターとして評価を得て、名曲を量産

Will You Love Me Tomorrow」や「The Loco-Motion」など、

今となってはスタンダードともいえる名曲はキャロル・キングの手によるもの。

これらの活躍によって、歌手キャロル・キングの道も開けてきて、

1971年名盤「Tapestry(つづれおり)」をリリース。

このアルバムはマストだと思います。私も浪人〜大学時代によく聴いてました。

たいてい昼まで寝てて、大学にも行かない日、

一人暮らしのアパートの遮光カーテンを開いて光を浴びると聴きたくなる。

空っぽの胃袋にウーロン茶を流し込みながらステレオのプレイボタンを押す。

そんなアルバムでした。

随分聴いてなくて、久しぶりに棚から引っ張り出してきましたが、大学の時のことを思い出しちゃいました。

気づいたのは、こんなにヴォーカル近くで歌ってたっけ?ということ。

ヴォーカルが強くて、楽器が抑えめ。

多分シンガーのキャロル・キングとしては勝負のアルバムだっただろうし、

「私、こんなに歌えるんです!」って言いたかったのかもしれませんね。

キャロル・キングで一番好きな曲

そんなキャロル・キングの中で一番好きな曲は「つづれおり」にも収録されている、

(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」を選曲します。

「つづれおり」のラストを飾る名曲です。

もともとアレサ・フランクリンのために書かれた曲をセルフ・カバーしたもので、

ゴスペル/ソウル色の強いアレサ版に比べると、ピアノの弾き語りでシンプルな印象

曲調もスローで伸びやかなヴォーカルが気持ちいい。

元夫のジェリー・ゴフィンとのコンビで多くの名曲を制作してきたキャロル・キングですが、

アレサへの曲の提供は思い入れもすごかったと予想できますし、

この曲はブラック・ミュージックのど真ん中ですよね。

白人の彼女が作曲したことにリスペクトを感じざるを得ません。

つづれおり
ソニーミュージックエンタテインメント
Carole King – (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Audio)

コメント

タイトルとURLをコピーしました