ウィルソン・ピケットのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

シャウトが特徴のソウルシンガー

おすすめのミュージシャンの楽曲で一番好きな曲を選曲、紹介していく「この1曲」。

今日はウィルソン・ピケットを取り上げます。

ウィルソン・ピケットは1941年アラバマ州プラットヴィル生まれのソウルシンガー。

幼い頃からゴスペルを歌っていたピケットは、1955年ゴスペルグループのヴァイオリネアーズに参加しました。

ヴァイオリネアーズで4年間歌った後、1959年にファルコンズに参加。

ファルコンズは、ゴスペルからソウルミュージックへの道を開いたヴォーカルグループのパイオニアでした。

ピケットはファルコンズで活動しながらソロ歌手を目指しデモテープを制作。

If You Need Me」のデモをアトランティック・レコードに送りました。

これがきっかけで、当時アトランティックで最大のスターであったソロモン・バークがこの曲をレコーディング。

If You Need Me」はバークにとって最大のヒット曲となり、ソウルのスタンダードナンバーとなりました。

ピケットは「If You Need Me」を他人が録音しヒットさせたことに打ちのめされましたが、

これによってアトランティックと契約することになりました。

アトランティックからの3枚目のシングル「In the Midnight Hour」(1965年)がR&Bチャートで1位、ホット100で21位、およびイギリスで12位と大ヒット。

100万枚以上売りあげ、ゴールドディスクに認定を受け、グラミー賞にもノミネートされました。

その後も「Land of 1,000 Dances(邦題:ダンス天国)」、「Mustang Sally」、「Funky Broadway」、「Don’t Let the Green Grass Fool You」など、ヒット曲を連発。

70年代に入り、アトランティックを離れてからもペースを落とすことなくレコーディングを続けました。

自身のアルコールやドラッグの問題もあり、80年代に入ってからはリリースのペースも落ちますが、

1999年に「It’s Harder Now」でカムバック。グラミー賞にもノミネートされ、最後の一花を咲かせました。

ウィルソン・ピケットで一番好きな曲

ウィルソン・ピケットで一番好きな曲は「In the Midnight Hour」と迷った挙句、

Land of 1,000 Dances(邦題:ダンス天国)」を選曲します。

ウィルソン・ピケットの独特なシャウトは最高にカッコいいですが、

このシャウトや歌唱法は先日亡くなったリトル・リチャードを参考に生み出したもの。

もうこの曲は出だしの「ワン・ツー・スリー」のシャウトでノックアウトですね。

「ナーナナナナー」も誰でも知っているフレーズですし、みんなで歌いながら踊れる曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました