「Kamasi Washington Live at Apollo Theater」を観た

レビュー
スポンサーリンク

「Amazonさんありがとう」の一言

いやあ、「Kamasi Washington Live at Apollo Theater」堪能しましたよ。

インタビューも入っているので、字幕があるかどうか不安でしたが、

しっかり入ってました。

この貴重な映像をプライムビデオで出してくれてありがとうAmazonさん。

プライム会員の私は無料で観ることができました

演奏した曲

曲目は以前ブログに書いた当日のセットリストと同じでしたが、

以下の通りの順番でした。

  • Show Us The Way(Heaven and Earth)
  • Connections(Heaven and Earth)
  • Street Fighter Mas(Heaven and Earth)
  • Askim(The Epic)
  • Truth(Harmony of Difference)
  • Re Run(The Epic)
  • Fists of Fury(Heaven and Earth)

「Street Fighter Mas」はアンコールで演奏したはずですが、途中に移動してました。

私が観た来日公演の時に、カマシはアンコールをやったことがないので羨ましかったです。

順序が変わったのは映像の編集上、ラストを感動的にするためだろうと思います。

参加メンバー

参加したメンバーを列挙すると、

  • Kamasi Washington(Tenor Saxophone)
  • Rickey Washington(Flute and Soprano Saxophone)
  • Ryan Porter(Trombone)
  • Brandon Coleman(Keyboards)
  • Ronald Bruner Jr(Drums)
  • Tony Austin(Drums)
  • Miles Mosley(Bass)
  • Patrice Quinn(Vocals)
  • Kahlil Cummings(Percussion)
  • Allakoi Peete(Percussion)
  • Cameron Graves(Keyboard)
  • Igmar Thomas(Trumpet)
  • Dwight Trible(Vocals)
  • DJ Battlecat(Turntables )

総勢14人。聖地アポロシアター仕様ですね。観客もノリノリで羨ましい。

感想

まずは音の厚みがすごい。伝わってくる会場の熱気。

そしてアポロ・シアターでの演奏はメンバーにも特別なんだということが、

演奏から聴き取れます。

街歩きの映像も良くて、カマシがデューク・エリントンの白いピアノを弾いていたり、

家族の話、特にお父さんのリッキー・ワシントンの話は知らなかったので感動しました。

最高の父親です。

お父さんもアポロは初めて。カマシは親孝行できましたね。

どの曲も良かったですが、中でも「Truth」が良かった。

これだけ人数がいると5つの旋律を誰かが演奏できます。

演奏前の「Harmony of Difference」についてのMCも最高でした。

「この地球上に住む人たちの多様性は

許容されるものではない

祝福されるものだ」

いつもライブで言ってることですけど、マウスピース付けながら言うんで、

ネイティブじゃない私には大体の内容しか聞き取れなかったんですよ。

字幕があって良かった。

最後は観客総立ち、満足そうなカマシの表情。最高ですね。ここにいたかった。

カマシの人となりについても理解が深まる良いビデオでした。

重ねて言いますがAmazonさんありがとう!

こういう企画、もっと欲しいです!

まだ観てない人はぜひ。おすすめします。

↓↓↓↓↓

カマシ・ワシントン ライブ・アット・ザ・アポロ・シアター

コメント

タイトルとURLをコピーしました