ブラック・クロウズがTiny Desk Concertsに登場!

レビュー
スポンサーリンク

相変わらずかっこいい兄弟

Tiny Deskにブラック・クロウズが出るという告知があってから、楽しみに待っていましたが、

本日3月23日にアップされました。

クリス・ロビンソンとリッチ・ロビンソンによるパフォーマンスでしたが、

やっぱりこの兄弟は最高ですね。

二人とも良い年の取り方してます。ルックスも相変わらずかっこいい。

クリスの声も衰えは全く感じられず、さすがという印象。

リッチも毎曲ギターを変えるこだわりを見せます。

セットリスト

Shake Your Money Maker」の30周年記念のツアー中ということもあって、

演奏した曲はお馴染みの曲が並びました。

  • She Talks To Angels
  • Jealous Again
  • Wiser Time

「She Talks To Angels」と「Jealous Again」は「Shake Your Money Maker」からの楽曲。

ファーストの曲をやるとやっぱり懐かしいです。

「She Talks To Angels」はヒット曲ということでセットに入ったと思いますが、

アコギだけで大丈夫か?という危惧は無用でしたね。

クリスの声がファーストの頃とあまり変化ない。これは本当に凄いこと。

「Jealous Again」はノリもよく、リッチのコーラスがいい感じ。

二人で演奏している姿を観られて、改めて感動。

そして、シメはサード・アルバム「Amorica」収録の「Wiser Time」。

この曲はリッチが12弦ギター&スライド。めちゃかっこいい。

演奏時間は18分35秒。楽しめました。

解散して随分経ってからの今回の30周年記念ツアーですが、

私の最大の心残りはクロウズのライブを見れていないこと。

また兄弟喧嘩を始める前に、頼むから日本にも来てほしい。

このコンサートはそのうちYoutubeにもアップされると思いますが、

現在はNPRの公式サイトから観ることができます。

↓↓↓↓↓

The Black Crowes: Tiny Desk Concert

演奏曲の収録アルバムはこの2枚。

アモリカ
ユニバーサル インターナショナル

ブラック・クロウズの「この1曲」はこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました