フェアーグラウンド・アトラクションのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

当時逆に目立ったアコースティック・サウンド

ミュージシャンやバンドの曲の中で一番好きな曲を選曲し紹介する「この1曲」。

今日はフェアーグラウンド・アトラクションを取り上げます。

フェアーグラウンド・アトラクションは1988年に結成されたイギリスのバンド。

メンバーは、以下の4人組です。

  • エディ・リーダー(ヴォーカル)
  • マーク・E・ネヴィン(ギター)
  • サイモン・エドワーズ(ギタロン)
  • ロイ・ドッズ(ドラムス)

サイモン・エドワーズが担当するギタロンはメキシコの民族楽器で弦は6本。

ギターよりも大きく、低い音が出て、ベースのような役割を果たします。

こういう楽器のセンスも一役買っているのですが、

フェアーグラウンド・アトラクションの特徴はアコースティックの生音。

当時のミュージック・シーンは打ち込みドラムとシンセサイザーが幅をきかせていたので、

こういった暖かみがあるアコースティック・サウンドが逆に新鮮だったのか、

登場するなりいきなり全英1位を獲得します。

フェアーグラウンド・アトラクションで一番好きな曲

フェアーグラウンド・アトラクションの中で一番好きな曲は、デビュー・シングルである、

1988年発表の「Perfect」を選曲します。

ジャズ・テイストなサウンドとメロディや歌詞の良さは特筆に値しますが、

私が特に惹かれたのは、エディ・リーダーののびやかで透き通った、それでいて力強いヴォーカルでした。

この曲はライブでも盛り上がりますが、フェアーグラウンド・アトラクションの良さを凝縮したような曲ですね。

そして、ミュージック・ビデオもおしゃれでした。

フェアーグラウンド・アトラクション時代のエディ・リーダーはとにかく可愛い。

ライブ映像がYouTubeに残っていますが、ほんとうに楽しそうに歌ったり、踊ったりで、

童話の赤ずきんが成長して歌っているような感じでした。

日本でも最初で最後のツアーをやってくれたのですが、行った人、うらやましいです。

アルバムで楽しみたい

ファーストにして、最後のアルバム「The First of a Million Kisses(ファースト・キッス)」一枚だけを残して解散してしまったのですが、

その後もずっと輝き続けるアルバムで、古くもならず、飽きもこない。不思議なアルバムです。

最高の1曲を挙げましたが、名曲揃いですし、構成もいいので、アルバムで楽しむのがおすすめですね。

Fairground Attraction – Perfect (Official Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました