ダム・ヤンキースのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

90年代初頭のスーパー・バンド

ミュージシャンやバンドの曲で一番好きなものをおすすめしていく「この1曲」。

今日も懐かしいのを。ダム・ヤンキースを紹介します。

ダム・ヤンキースは1989年にアメリカ・ロサンゼルスで結成されたロック・バンド。

メンバーと担当楽器は以下の通り。

  • ジャック・ブレイズ(ヴォーカル、ベース)
  • トミー・ショウ(ヴォーカル、ギター)
  • テッド・ニュージェント(ヴォーカル、ギター)
  • マイケル・カーテロン(ドラムス)

ジャック・ブレイズ(元ナイト・レンジャー)、トミー・ショウ(元スティクス)、テッド・ニュージェントといったすでに成功を収めた面々がメンバーのいわゆるスーパーバンドです。

1990年にファースト・アルバム「Damn Yankees」をリリース。

これが200万枚を超える売り上げを記録する大ヒット。

その後18か月にもわたるワールド・ツアーもおこないました。

1992年にはセカンド・アルバム「Don’t Tread」を発表。

このアルバムも「Where You Goin’ Now」などの名曲を含み、成功をおさめます。

しかしバンドは1993年にテッド・ニュージェントがソロ活動に戻ることになり自然消滅。

1990年代前半に活動したバンドですが、80年代ハードロックの残り香のような存在でした。

このあとはハードロック・バンドはどのバンドもセールスを落としたり解散したりとメインストリームではなくなりましたね。

世はグランジ、オルタナの時代に突入していきます。

ダム・ヤンキースで一番好きな曲

ダム・ヤンキースで一番好きな曲は、「Coming Again」や「Where You Goin’ Now」も捨てがたいですけど、

ファースト・アルバム「Damn Yankees」収録の「High Enough」を選曲します。

やっぱりこの曲の完成度は素晴らしい。

日本でもリーバイスのコマーシャルソングになっていて、

「あー、この曲ね」という方も多いんじゃないでしょうか。

この曲といえば、忘れてはいけないのがビデオですね。笑。

YouTubeでまだ見ることができますが、この頃のビデオってなんでこんな小芝居が入るんでしょうかね?

元を辿ればマイケルのスリラーなんでしょうけど、マイケルは罪深い。笑。

こういうのも含めてこれが当時の空気感でしたね。

Damn Yankees – High Enough (Official Music Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました