スモール・フェイセスのおすすめ「この1曲」

この1曲
スポンサーリンク

スティーヴ・マリオットはもっと評価されていておかしくない

バンド、ミュージシャンの最高の1曲を選んで紹介する「この1曲」。

以前、フェイセズ は取り上げましたが、今回はスモール・フェイセスです。

スモール・フェイセスは1965年に結成されたイギリス・ロンドン出身のロック・バンド。

ザ・フーと並んでモッズ・バンドの代表といえるバンドでした。

メンバーは以下の通り。

  • スティーヴ・マリオット(ギター、ボーカル)
  • ロニー・レーン(ベース、ボーカル、ギター)
  • ケニー・ジョーンズ(ドラムス)
  • イアン・マクレガン(キーボード、ボーカル、ギター)

スティーヴ・マリオットとロニー・レーンが出会ったのが1965年で、

もうその年にデビューを飾っているのはスティーヴ・マリオット元々子役俳優をやっていて、

音楽でもすでにデビューしていたからでしょう。

初めてスティーヴ・マリオットのヴォーカルを聴いたときは、めちゃくちゃびっくりしました。

私はロッド・スチュワート→フェイセズ →スモール・フェイセスと逆行して入っていったので、

え、このヴォーカル、ロッドと同じかそれ以上にすごいじゃんって思いました。

パワフルでハスキー。高音が素晴らしい。身長が162cmと聞いてさらにびっくり。

そして、こんなにすごいヴォーカリスト、ソングライターがいるのに、

なんでそこまで有名じゃないんだろうかという疑問が浮かびます。

特にスティーヴに思うのですが、一言で言うと「なんか、ついてない」です。

レコード会社の選び方、レコード会社の売り方、活動のしかた。

なにか歯車が噛み合ってないというか、世渡りが下手というか。

私の中では5本の指に入るくらい好きなヴォーカリストなので、もっと評価されて欲しい。

そう願う一人です。

スモール・フェイセスで一番好きな曲

そんなスモール・フェイセスですが、売れてないだけで(いや、それなりには売れてるんだけど笑)、

Rollin’ Over」、「Itchycoo Park」、「Tin Soldier」、「Lazy Sunday」などなど、名曲はいっぱいあるんですよ。

中でも、一番に据えるとすると1968年発表「Ogdens’ Nut Gone Flake」に収録の、

Afterglow of Your Love」ですね。

メロディがグッとくる曲で、スティーヴのソウルフルなヴォーカルをたっぷりと聴けるし、

イアン・マクレガンのメロトロンもいい。

ほんと、売れなかったのが不思議。いや、それなりには売れてるけど。

スティーヴ・マリオットはアメリカで成功したかったんでしょうね。

でもそこは「ついてなかった」だけです。

ポール・ウェラーをはじめとする多くのミュージシャンから敬愛を集めているところを見ると、

最高のミュージシャンズ・ミュージシャンであったことは間違いなし。

もうすぐ亡くなって29年ですか。

早いものですが、何かの拍子にいきなりブレイクしてもおかしくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました